JIDAデザインミュージアムについて

JIDAデザインミュージアム in 信州新町

長野県長野市信州新町にある「JIDAデザインミュージアム1号館 in 信州新町」は、地元酒造所の酒蔵を改修し、人々の交流をテーマに町が設立した「ミュゼ蔵」の2階に,1997年4月開設致しました。

このJIDAデザインミュージアムは、長野市立博物館分館・信州新町美術館・ミュゼ蔵と併設されており、毎年5000名程の方々にご覧いただいています。

なぜ、信州新町にデザインミュージアムを?

「デザインの原点を見直せる環境がある」と考えているからです。
    
デザインミュージアム委員会の中で具体的なデザインミュージアム構想が確立しストックヤードの候補地を探していたころ、信州新町とゆかりの深い方のご紹介で、'94年秋、初めてこの地を訪れました。

信州新町は長野市南側に位置する人口7千人弱の過疎の町で、町を縦断する犀川を包むように、両岸にそびえる山々がつくる風景は心を和ませ緩やかに時間を刻んでいるというのが第一印象でした。

また町の方々と交流するたび、そこで暮らす人々は節度ある生活の中にゆったりとした心の豊かさを持ち、消費文化だけに流されない創造的な生活態度で、その土地での暮らしぶりに誇りを持ちながら生きていることを知らされました。

デ ザインミュージアム委員会では、次世代のデザインの在り方を考えるに相応しい場であると確信し、町民有志や役場の方々の協力を得、'95年11月と翌年7 月にデザイン展ならびにデザインミュージアムフェスティバルを開催、この間町との交友を深めつつデザインミュージアム設立を模索してまいりました。

町もデザインを通した「都市との交流」への期待を膨らませ、JIDAへも積極的な支援をしていただけるなど、それまでの活動が実り、'97年4月にJIDAデザインミュージアム1号館がプレオープン、また同年7月にはグランドオープンの運びとなりました。

高 度成長期に駆け足で発展してきた工業製品とデザイン。バブル崩壊後、今一度「生活の豊かさって何だろう、どんな豊かさをデザインしモノを形に託すのか」を 考えるとき、この町の風土や生活する人々、そしてゆったりとした時間の流れが、私たちの気持ちを心地よく空白にしてくれます。

過去の製品収集ばかりではない、将来のデザイン研究を目指す私たちの活動拠点としての場にふさわしい環境であり、それらを発信できる説得力を持った地域であると確信しています。

所在地

所在地/〒381-2405 長野市信州新町新町37-1 ミュゼ蔵2階
開館時間/午前10時〜午後6時
休館日/月曜日(祝日の場合その翌日)、祝日の翌日、年末年始
電話/026-262-2500 (1階喫茶室・デザインミュージアムスタッフ不在)

JIDA Design Museum, Shinshu Shinmachi Branch

Musee Kura 2F, Shinmachi 37-1
Shinshu Shinmachi, Nagano-shi
Open Hours: 10:00 - 18:00
Closed: Monday(The following day if a public holiday), the day after the holiday, the New Year's holiday
Tel. 81-26-262-2500 [staff of JIDA is absent]

 

JIDAデザインミュージアム in AXIS

東京・六本木AXISビル4階にて、JIDA事務局と並んでいるのが、JIDAデザインミュージアム in AXISです。

小さなスペースですが、このギャラリーはJIDA会員の発信の場ともなっており、デザインミュージアムとしての使用だけではなく、さまざまなイベントやセミナーなどにも利用しています。

 

JIDAデザインミュージアム in 関西

2012年、財団法人大阪デザインセンター内に、3番目のJIDAデザインミュージアム(常設展示)を開設しました。これまで大阪府豊能町に在ったストックヤードも併せて移転し、関西のデザイン拠点である当センター内に開設したことで、デザインコレクションの保管と展示を効率かつ効果的に活動できるようになりました。

運営について

JIDA関西ブロックにはデザインミュージアム委員会が有り、ブロック会員を中心に地域に根ざした活動を行っています。大阪デザインセンター内の展示スペースも関西に関連する製品や歴史的なデザイン製品を展示しており、同施設を訪問した方々や行政機関の皆さんにもミュージアム活動をアピールしています。関西は家電製品が多く生み出された特色があり、生活を豊かにした多くのデザインをこのスペースで見ることが出来ます。

また委員会では展示の入れ替えや企業ミュージアムの見学会などを催して一般の参加者を含めたデザインの歴史的な変遷や未来のデザインについて学習する活動を続けています。

※JIDAデザインミュージアム in 関西

 

(このページの文言の一部をウィキペディアに掲載しました)