商品名
Product
ムービングシャンプー洗面化粧台MDU-FH751
Moving Washbowl MDU-FH751
製造会社・出展協力
Manufacture
三洋電機株式会社
Sanyo Electric Co., Ltd.



国会でバリアフリー法案が成立し社会全体が高齢化福祉社会に向かって動き出した。
公共施設ではスロープやエレベーターの工事が頻繁に行われて、車椅子社会にも対応した構造に変身しようとしている。人が最も長い時間を過ごす家庭内でも、対策が進んでいる。三洋電機はずいぶん以前よりエレベーションに熱心であった。キッチンの昇降式カウンタートップを始めこの洗面化粧台等々、車椅子対応の商品が充実している。
メカニズムとしては、大きなモノを平行に昇降させるのは意外と難しい技術だしコストもかかる。しかし駅のエレベーターが必然であるように上下移動は別の方法で置き換えられないメリットがあり、社会の要求でもある。三洋電機はこの難しいテーマを商品として社会に提供する事に正面から取り組み、対応製品レンジを広げている。その姿勢に賞賛を贈りたい。
この洗面化粧台は、軽く洗面ボールを上下できて洗髪や子供の利用にも優しく対応している。足下スペースも十分に確保された構造になっていて、車椅子での使い勝手に優れた美しい製品である。                 
(解説/上田 幸和)
Since after the barrier free bill passed the Diet, we are moving toward an advanced age welfare society. In public institutions, slopes and elevators are being set for the convenience of wheelchair users. The same is proceeding in residential space too. Before then, Sanyo Electric was already seriously challenging elevation devices, such as
movable counter top for kitchen, washstand, and many other products for wheelchair users. Mechanism of horizontally moving large object requires much skill and cost, still, as for the vertical likewise elevator in station, there are many merits unreplaced by any other ways. It is the demand of the society. Sanyo Electric's endeavor to solve this difficult issue resulted in development of specific products and unique ideas. This beautiful product is suitable for hair dressing and convenient for children due to the movable washbowl, and also the space underneath is large enough for wheelchair to fit.
Commentator / Yukikazu Ueda



Back<<<<図録TOP>>>>Next