商品名
Product
CDスタック
連結式CDケース
CD Stack/CD Case
製造会社・出展協力
Manufacture
株式会社エクセル
Excel Co., Ltd.
デザイナー・寄贈
Designer
有限会社アイ・シー・アイ デザイン研究所 飯田 吉秋
Yoshiaki Iida, ICI Design Institute Inc.



最近になって、ようやく見かけるようになったデザイン重視のCDケースだが、その中にあって1993年に発売された<CDスタック>は長期間コンスタントな販売実績を上げているようだ。この<CDスタック>は、デザイン、機能性、そして価格ともに優れた製品であると思う。回転ホルダー式なので片手でスムーズに出し入れが可能。さらにはビスをつなぎ合わせるだけで連結ができCDの枚数に応じて自由に増やすことができる。
多くの情報がデジタル化され扱われる現代、コンパクトディスクの情報言語においても起点を「0」、結果を「1」とすることから出発し、その間をさらに細かい状態に分割しそれぞれに記号を与えることで、言葉や音楽、映像など、実に多彩で感動的なメッセージの表出を可能にしている。この分割の細かさがそのまま認識の深さということになるのだろう。この<CDスタック>は、これら一連の感動へと至る行程を内包しているように思う。それは、CDを人が扱う行動の「しまう、取り出す」という、この「0」と「1」の単純な状態の間にある無数の瞬間を意識し、一つの行為の中にある無限の状態を視覚化することで新しいメッセージを生みだそうと訴えかけているように思えるからである。
(解説/大縄 茂)
1993年発売
Since it made its debut in 1993, this product has been a hit maker. It is one of the fancy compact disk cases now being so popular. The design, function, and price should be recognized more by the public. Because the holder revolves, compact disks are easily put away by either hand, at the same time, it is possible to add more since parts are connected by screws. In this information oriented age, audio/visual language for compact disk is based on the idea of "0" (beginning) and "1" (result), of which detail is digitalized so that emotional message appears. In other words, the detailed information makes us be conscious of further understanding and deep expression. This product is a key to let our mind move toward appreciation of audio/visual language. As we put away/take out compact disks, we unconsciously be aware of the numberless moments in between the states of "0" and "1," that is, the infinite vague situation in which understanding/expression bears.
Commentator / Shigeru Onawa



Back<<<<図録TOP>>>>Next