商品名
Product
赤外線コードレススピーカー PR-WS500
Infrared Cordless Speaker RP-WS500
製造会社・出展協力
Manufacture
松下電器産業株式会社
Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.



私達は徐々にテレビを見る時間が思いの外増えている。家庭での娯楽の中心はやはりテレビである。デジタル放送が開始された今年からより一層テレビに釘付けになる時間は増えるだろう。特に高齢者になるほどその時間は飛躍的に長くなる。お年寄りと家族が一緒に居間でテレビを楽しむ風景はいいものであるが、現実として高齢者の聴力の低下があって、その為かなり大きな音量を出している家庭が見受けられる。家族で一緒に楽しみたいのだけれど、この状態では楽しめない。そんな時に手元へ赤外線で音声を飛ばして聴ける小型スピーカーが便利である。
モノラルで十分で、バッテリーも使えて小型である事の方が大切な要素である。3角形で安定が良く製品の角で怪我をしないように大きなアールが付けられている。また持ち運びもし易いように一体型のグリップもある。もちろん高齢者でなくとも例えばキッチンでテレビから離れていても、音を適切な音量で楽しむことができる。
機能と目的が一致したこれからの社会に必要な製品である。   
(解説/上田 幸和)
2000年11月発売 価格¥8,500
Surprisingly enough, we are spending much more time watching TV. Likewise, entertainment at home is still TV. From this year, digital broadcast has started, therefore, we may likely be nailed in front of TV more and more. Especially for the aged, this trend may be apparent. It is quite a pleasant scene that the aged enjoys TV with their family in the living room, yet, in reality, due to their hearing ability, in many cases, the sound volume is too large. Such a situation is never happy for the rest of the family. This speaker which makes audio signal reach ourselves by means of infrared rays is an invention; monaural sound is amplified by battery, and the size so small. The triangular corners are designed with elegant curves, and a solid grip is attached for moving it with ease. Not only the aged but others can use it at places far from TV, for instance in the kitchen. This is an indispensable product fulfilling our needs with functions ready for the future society.
Commentator / Yukikazu Ueda
Launch Year / 2000



Back<<<<図録TOPE>>>>Next