商品名
Product
700系新幹線電車
SHINKANSEN Series 700
製造会社・出展協力
Manufacture
東海旅客鉄道株式会社 + 西日本旅客鉄道株式会社
JR Central, JR West
デザイナー
Designer
両社車両部 +TDO(トランスポートデザイン機構)
Rolling-stock Engineering Div., / TDO (Transport Design Organization)



戦後復興の最終仕上げとして'64年の東海道新幹線開通によって、日本では世界に先駆け陸上における大量高速輸送時代の幕開けとなった。その後、速く移動する為の研究、快適に移動できるための条件など、空や陸、海での共通の課題であり、研究はめざましい進歩を遂げた。
しかし、進行方向やトンネルなど鉄道特有の条件としてそれらの研究成果をそのまま応用することには課題が残されていた。終点で進行方向が変わると言うことは、前進するために良い形状は、必ずしも後端形状として良いとは限らないなどが挙げられるが、それらの課題を克服したのが<700系>の新幹線である。
アルミダブルスキンや新しい空調システムを利用した広く快適な居住空間、分煙の思想を考慮したデッキ灰皿付近の空調装置。軽量化や空気抵抗低減による省エネ化と電力回生ブレーキ、側点検方式とボルトレス方式を採用したメンテナンスシステムなど、速さに加え、利用者側と運行管理側の快適性や利便性、さらに地球環境問題を追求した次世代新幹線といえる。
              (解説/倉方 雅行)
The opening of the Tokaido Super Bullet Train in 1964 marked the end of rehabilitation days after the World War II at the same time the beginning of mass transportation age by means of high speed trains in Japan. Thereafter, the more fast comfortable new transportation system was sought for in air, land, and sea. Yet, there were much difficulties for trains, since specific issues such as motion direction and tunnel use were still under development for long time. For instance, because trains cannot switch its body direction at terminals, ideal form for advance may not be so for the retreat. This "700 Series" Shinkansen is a true solution in every ways. The aluminum double skin body, large pleasant interior applying new air condition system, additional air ventilation device for smoking, energy free and regeneration brake realized by light and less air resistance body, new maintenance system applying boltless body side inspection, are all unique features of super bullet train of the next generation focusing on speed, comfort and convenience for both the passenger and the operator, and confront with global environmental issue.
Commentator / Masayuki Kurakata



Back<<<<図録TOP>>>>Next