商品名
Product
ストリーム
7人乗り小型乗用車
STREAM
製造会社・出展協力
Manufacture
株式会社本田技術研究所
Honda Motor Co., Ltd.



ホンダがまた、ファミリーカーの分野にオデッセイに続き新しいそして素晴らしく魅力的なデザインの提案を投げかけた。同社の小型乗用車シビックをベースにした非常にコンパクトな7人乗り2ボックスカー<ストリーム>である。
今ある「大きくて背の高いワンボックスカー」は仕事や日常生活に、また週末の楽しいレジャーに対応するマルチパーパスカーとして登場して大人気を博し、かつてのファミリーセダンにとってかわり日本中を走り回ている。そして気がついてみると街の移動空間を独り占めにし景色までを変えて、歩いている人々にも大きな威圧感を与えている。またそのほとんどが、ご多分にもれずドライバーしか乗っていない1人乗車である。
ホンダのデザイナーとエンジニアが、コンパクト2ボックスカー<ストリーム>で提案する第三列目のシートは、大人2人の長距離ドライブに充分耐えるデザインに仕上がっていて、正に目の前のうろこがポロリと落ちる思いである。ホンダは、多くの人々がワンボックスカーのマイナスメリットに困惑し始めた事をいち早く察知し、他社に先駆けてホンダ哲学、マンマキシマムマシンミニマムを実践した。その大いなる勇気と早くも成功し始めたその成果は共感の輪を広げつつあり、新しい兆しを感じさせる。
(解説/長坂 亘)
2000年発売
Honda has presented another new attractive family car following the former model "ODYSSEY." This two box car "STREAM" for maximum seven people is a compact type based on the famous "CIVIC." Today, "large and high back one box car" is so popular in our business and casual scene with its multi-purpose function, now being seen everywhere in the country. It has took the place of former family sedan and is showing off its dignity in town and the countryside. Yet, many of them carry just the driver. Designer and engineer of Honda have proposed the third sheet in "STREAM" as a space comfortable enough for two people to sit long, which is indeed a striking idea. Honda solved the problem many users have been confronting, and developed a new model with its own policy "man maximum, machine minimum." This idea is now being applied to new examples by other motor companies, which indicates one box car in the near future.
Commentator / Wataru Nagasaka
Launch Year / 2000



Back<<<<図録TOP>>>>Next