商品名
Product
WILL Vi
小型乗用車
WILL Vi / Compact Car
製造会社・出展協力
Manufacture
トヨタ自動車株式会社
Toyota Motor Corporation
デザイナー
Designer
同社デザイン部




ここ数年テレビや雑誌等で”癒し”をテーマにした商品やグッズをよく見かけるようになった。リストラや企業の倒産が相次ぐ今の時代に、人々はそういう心のやすらぎを求めている様にも思える。<Will Vi>はそんな時代の気分を見事に車の形として表現した1台ではないだろうか。外観デザインは昔のフランス車の匂いを漂わせているようにも思うが、ID的でクリーンな造形は大変モダンである。お椀を伏せた様な大きなラウンドの特徴的な外観、リヤウインドのクリフカットは普通車ではあまり考えられない形を見事にデザイン処理している。インテリアにおいても形態や素材に部屋感覚的つくりを取り入れリラックスできる空間が演出される。
この車は単なる移動の道具や足ではなく、所有者が自分のペットのように愛着をもて、見る人をなごませてくれる。デザインががんばっている一台である。
             (解説/濱野 靖久)
In these recent years, there are proposed many products and goods with "comfort" as their theme. Perhaps, it is due to the terrible social situation, represented by restructure and failure of many firms. "WILL Vi" is the very type symbolizing such mood of the contemporary days. The design somewhat resembles classic French car, yet, it is rather futuristic and clean in its form. The round body just like a cup and the cliff cut rear window are the most unique kind quite unseen in ordinary cars. Its interior is exquisitely designed likewise a residential space. This car is not just a machine or transportation system but a cute pet for the user and makes others smile. The essence of this car is, indeed, its superb design.
Commentator / Yasuhisa Hamano



Back<<<<図録TOP>>>>Next