商品名
Product
VIZON HVC-36DZ1
DVDプレーヤー付きデジタルハイビジョンテレビ
VIZON HVC-36DZ1 / Digital Hi-Vison Television
製造会社・出展協力・寄贈
Manufacture
三洋電機株式会社
Sanyo Electric Co., Ltd.



2000年秋、国内でBSデジタルハイビジョン放送により10社から23番組の放送が開始され、家電メーカーは対応受像機を一斉に発売、各社しのぎを削ってその特徴をアピールしている。
現在、家庭生活にも急速に情報技術革新の波が押し寄せ、携帯電話やパソコンと共にBSデジタルハイビジョン放送もその大きな第一波である。それだけに社会や家庭では、最先端映像情報を見るだけでなく双方向情報交換が可能なBSデジタルハイビジョンテレビへの関心は高く、また高額商品でもあることからその選択には十分な時間をかける事になる。これらの状況の中で、<VIZON>はIT革新の素晴らしい成果であるデジタルハイビジョン映像を、背後の高度な技術の粋を見事な程に前面に出さずに映し出し、画面の前に座る人々の注意を高精細映像に集中させ魅了する。
<VIZON>の大型画面は両側から木質系の明るい色彩、材質のシンプルフォルムの支柱で支えられており、室内空間にやわらかく調和する。デザイナーがイメージした「自分専用の劇場を持つ」は見事に成功したと言える。
       (解説/長坂 亘)
2000年9月発売
In Autumn, 2000, there began 23 new BS digital high vision programs from 10 broadcasting stations in Japan. At once, manufacturers presented new TV models and positively advertized their features. Today, technical revolution of the communication system is rapidly changing our daily life, which is represented by mobile phone, personal computer, and BS digital high vision program. At home and office, we are much interested in BS digital high vision TV that enables us not only to view the newest visual image but to enjoy an intercommunicative life, still, because it is quite an good product, we spend much time to make our choice. In such a situation, "VIZON" is sophisticated enough so that we can concentrate to view the wonderful visual image without being bothered by the high technology design. The large monitor is held by bright colored woodlike simple pillars which harmonize with the interior. The aim "to own one's private theater" is realized in this manner.
Commentator / Wataru Nagasaka
Launch Year / 2000



Back<<<<図録TOP>>>>Next