商品名
Product
Clip-On SVR-715
ハードディスク記録式ビデオレコーダー
Clip-On SVR-715 / Hard Disk Video Recorder
製造会社・出展協力・寄贈
Manufacture
ソニー株式会社
Sony Corporation
デザイナー
Designer
同社デザインセンター 松坂洋三・吉岡圭一・入交真由
Yozo Matsuzaka, Keiichi Yoshioka, Mayu Irimajiri, In-house Designer



生活雑貨や食品、衣服販売までが24時間化となり、コンビニエンスに多様化する日常の中で日常娯楽の代表とまで言われるテレビは依然発信側の都合で運営されている。ビデオが登場してからは「テレビの時間」に縛られることも少なくなり、編集録画技術などの向上もあり、見る側の都合もある程度融通が利くようになった。
しかし、録画したものを好きなときに再生はできるが、早送り巻き戻しなどテープメディア特有の欠点はそれ程の解決には至っていなかった。例えば、スポーツ中継に間に合わないときなど録画予約をして出かける。早く帰宅して途中の段階でライブを見るのか、録画が終わって最初からゆっくり見るのか迷う。ここのところが、機械や情報に振り回されると感じるのである。それを解決し「追いかけ再生」を実現させたのが、この<クリップオン>だ。
またこのほか、テープではできない「サムネイル表示」など。テレビを自由に楽しむという単純なコンセプトがとてもコンビニエンスで今を感じさせる。
  (解説/倉方 雅行)
2000年発売 価格¥198,000
Although food, daily goods, and clothing are in our reach 24 hours by means of various ways, TV, in other words the king of casual entertainment has been provided for the sake of convenience of the broadcasting station. Thereafter video player made its debut, the situation slightly changed, including the technology of editing moving image, still, use of the viewers has not changed much since its first generation. We can review the image as we prefer, yet, the defect of tape media such as forward/rewind function is not solved. For instance, as we come home after recording of a sports program had started while we were away, we cannot but be worried about the choices whether to view live image right away from the middle or to see it over again later from the beginning. Such a troublesome situation rolled by machine and information came to an end thanks to the debut of this product that can cope with both choices. Also, specific functions such as the "thumb nail representation" symbolizes the new simple concept "to enjoy TV by ourselves."
Commentator / Masayuki Kurakata
Launch Year / 2000



Back<<<<図録TOP>>>>Next