商品名
Product
PENTAX 645N
6cm×4.5cm判オートフォーカス一眼レフカメラ
PENTAX 645N / 6cm×4.5cm Format, Auto Focus Single-lens Reflex Camera
製造会社・出展協力・寄贈
Manufacture
旭光学工業株式会社
Asahi Optical Co., Ltd.
デザイナー
Designer
同社工業デザイン室 藤井 明夫
Akio Fujii, In-house Designer



6×4.5cm判は6×9cm判の半分ということからセミ判と呼ばれ、スプリングカメラが全盛期だった1950年代、コンパクトさと撮影枚数の経済性から人気のあったフォーマットである。前身のPentax 645は1984年に発売され、アイレベルファインダーとモータードライブを搭載し35mm一眼レフなみの操作性と機動性をそなえた「スーパーフィールドカメラ」としてデビューした。
そして1997年<Pentax 645N>は、この種のカメラでは世界初となるオートフォーカスが組み込まれその資質をより深めてきた。ファインダー左右に配された大型のダイヤルは、同社35mm一眼レフMZシリーズでデザイン提案され定着したアナログインターフェースで、速写性と感性に自然な対応をする。そのほかの「大型のインターフェース」はこればかりではなく、視度調整ダイヤル、ドライブモードダイヤル、プレビューレバー、ファインダー内撮影情報など、その心配りにはあらためてやさしさを感じてしまう。高級35mm一眼レフカメラが肥大化する中、操作性・機動性を向上した<Pentax 645N>は35mmから中判に移行するユーザーを支える存在となろう。
       (解説/大縄 茂)
1997年12月発売 価格¥300,000(ボディーのみ)
Since 6×4.5cm size camera is the half size of the standard 6×9cm, it has been called "semi format" which was so popular in the 1950's, the golden age of spring camera, due to its wasteless feature. The former type Pentax 645 that appeared in 1984, making its debut as "super field camera" with built-in eye level finder and motor drive, being functional and mobile as much as the 35mm single lens reflex camera. The Pentax 645N introduced in 1997 is a refined model with auto focus system applied to this type first in the world. The large dials set on both sides of the finder is based on the famous analogue interface designed for the 35mm single lens reflex MZ series, superior in its speedy action so comfortable for our eyes. In addition, there are many more wonderful ideas that make us smile, such as the visibility adjusting dial, drive mode dial, preview lever, and condition check system inside the finder. For certain, this product shall satisfy users who wish to switch from 35mm single lens reflex camera to the mid size model in this contemporary trend of the 35mm type being larger than ever.
Commentator / Shigeru Onawa
Launch Year / 1997



Back<<<<図録TOP>>>>Next