商品名
Product
A-POC Queen
衣服類
A-POC Queen / Clothes
製造会社・出展協力・寄贈
Manufacture
株式会社三宅デザイン事務所
Miyake Design Studio
デザイナー
Designer
三宅 一生 ・ 藤原 大
Issey Miyake, Dai Fujiwara



名古屋の産業技術記念館エントランスホールに豊田佐吉の開発者魂が世界に送り出した自動円筒機織り機が展示してある。この世界初の自動円筒機織り機から直径2メートル程のチューブ状織物が垂れ下がるように排出している光景は数年前に初めて見たときから強く頭に焼き付いて離れなかった。昨年の夏、東京都立現代美術館で開催されていた三宅一世作品展で10メートル程もある高い展示室の天井に届くかと思われる太さに巻かれた布に遭遇、しかも巻かれた布がチューブ状でその中に服やくつ下、帽子などがすでに編み込まれており着る人が切取線に沿ってハサミでカットすることでそれらが採り出せることを知って驚いた。
コンピュータ技術により一本の糸を機械の中で服のかたちにしてしまう。テクノロジーの発展と既成概念にとらわれない発想が21世紀の衣服・オリジナルプロダクツを創りあげたのではないかと思える光景であった。
三宅一生はこれまでも誰も考えもしなかった服をデザインし、またその製造プロセスまでも新たに考えて作られた彼の服は大勢の人々が喜んで身に付け自分の時間を充実させている。それらを可能にし、また実現した三宅一生氏と藤原大氏に心より尊敬の拍手をお送りしたい。
(解説/長坂 亘)
2000年発売 価格¥13,000
In the Toyota Memorial Industrial Museum, Nagoya, there is installed the automatic cylindrical loom invented by Sakichi Toyota. When I first saw this innovative machine exhausting tubelike cloth as large as φ2m, I could not but be shocked by its unique feature. Last summer, "A-POC" at the Municipal Museum of Contemporary Art, Tokyo, during the Issey Miyake Exhibition, "A-POC" was hung from the high ceiling just as same as this loom. At the very moment, I suddenly realized that it was the "Japan Original Product" presented to the world thanks to the mental interrelation between Toyoda and Miyake, realized by Miyake's cooperator Dai Fujiwara. Miyake has been suggesting the kind of clothing unknown before, together with development its manufacturing process, that enriches life style of each one of us who wears it.
Commentator / Wataru Nagasaka
Launch Year / 2000



Back<<<<図録TOP>>>>Next