商品名
Product
サイレントチェロ SVC-200
電子楽器
Silent Cello SVC-200 / Electronic Cello
製造会社・出展協力・寄贈
Manufacture
ヤマハ株式会社
Yamaha Corporation
デザイナー
Designer
同社デザイン研究所 岡村 淳
Sunao Okamura, Yamaha Product Design Laboratory



<SVC-200>のデザインは、前身のSVC-100が幾分アコースティックなデザインメタファーが残っているのに対し、いかにもインダストリアルデザイン的処理となっている。全体的に無駄が無く、特徴的な膝当ては折り畳み式で開くとオーガニックで独特なスタイルとなるところが魅力的だ。
<SVC-200>を見ていると楽器の習熟にチャレンジするというのではなく、そのいかにもスタイリッシュな中に自分が存在していたいというようなモーターサイクルにも似た欲求を持たせてくれる。このような感覚がサイレント楽器という新たなジャンルを一層魅力的なものとして定着させつつあるのだろう。単に「音を出さない練習」ということだけではなく、楽器の性質上敷居の高かったチェロに対し心のバリアーを取り除いてくれた存在は大きく、潜在的音楽ファンの余暇に潤いを与えてくれる存在となろう。
(解説/大縄 茂)
1999年9月発売 価格¥238,000
"SVC-200" is notable for its industrial machine oriented taste standing in comparison to its former model "SVC-100" of acoustic design. No wasteful element is seen, and the organic knee pad can be folded inside. As we view this product, we do not wish to challenge playing musical instrument but rather have the feeling to spend time with this
charming machine likewise a motorcycle. Such a mood gives more appeals to the new silent musical instrument series. Of course, it is an invention that it can be played so quietly, but moreover, we must think of its influence to music fans who could not stand the lofty closed world of classic cello in the past.
Commentator / Shigeru Onawa
Launch Year / 1999



Back<<<<図録TOP