JIDAデザインミュージアムセレクションの活動とその役割

セレクションロゴマーク

1998年に本事業を立ち上げ、翌年より毎年選定品紹介展を開催し今回で第六回を迎えました。今年も本事業へご参加くださいました対象企業様、また展へおいでいただいた皆様、そしてこの図録をご覧いただいておりますあなた様へ、この展が皆様のお陰で継続しておりますことに心より感謝を申しあげます。
さて、この展は、弊協会が運営する「JIDAデザインミュージアム」のコレクション選定結果を公告するものです。日本各地に点在するJIDA会員(約700名・含む賛助企業)に加えデザイン業界に詳しい何人かの方々からの推薦を基に、時代に即したデザイン的価値(テーマ)で絞り込みその年の選定品を決定します。その年に「気になったモノ」なら新製品でなくても構いません。
良いモノであっても、ともすると簡単に市場から消えてしまうこの時代。私たちは六年間に渡るこの事業の継続で巷に溢れる商品の中から、既に202商品の「時代の価値を」選定しています。例えば、これらの中で歴史ある商品の一つにVol.4で選定した「ファンシーカップ(d=森正洋)」がありますが、1969年に発売され今も現役で市場を彩っています。またVol.1選定品の「トヨタ・プリウス(d=同社デザイン部)」のように、六年後のVol.6で、よりブラッシュアップされたデザインが評価され再び選定を果たしたもの。そして残念ながらこの六年の間に市場から姿を消してしまったものなど、様々な経歴を持つプロダクトの収集(寄贈品のみ)と記録を行っているのです。
一昨年(2002年)50周年を迎えた弊協会では、この節目に日本のID50年史を出版する予定で編集作業が進められています。しかしこの業界に身を置く我々でも40〜50年前のデザイン資料を探し出すことは非常に困難な状況です。もちろん当時の情報量が過少であることは否めませんが、それにしても、日本デザインの礎を築いた当時のデザイナーやその作品(製品)が十分な記録として残っていない状況であることをあらためて思い知らされました。
このようなことからも、20世紀後半の文化を語るうえで重要な「デザイン」を今世紀へ引き継ぐ「文化遺産」と捉え、セレクション事業の継承とその役割を充実させて行かなければならないと考えています。
また、本図録のバイリンガル化を期に海外の美術館やデザイン団体、教育機関などへも配布されるようになりましたが、日本の有名ブランドだけが目につく海外市場の中にあって、この図録が日本のデザイン事情を紹介するという役割をも担いつつあるようです。
本事業は皆様方により支えられ運営されています。ご賛同をいただき参加くださる企業様、興味深く見守ってくださる皆様など、様々なお立場で私どもの志へご支援を賜りたく存じます。
継続することが意義のあることと心得、変わらぬ意気込みで活動する所存でおります。今後ともどうぞよろしくお願い申しあげます。

デザインミュージアム委員会副委員長・セレクションVol.6
運営主担当 大縄茂

JIDA Design Museum Selection: Press release on current activities and features
We are pleased to announce the 6th annual JIDA Design Museum exhibition, which has been presented every year since 1998. We are deeply grateful to all those who supported the exhibition and our catalog.
This exhibition was initiated by JIDA to promote the selection results of the JIDA Design Museum collection. All design products in the exhibition are selected and recommended by respected design professionals and by our fellow JIDA members in Japan (approximately 750 members, including affiliated corporations) with their cutting edge design perspective. The selected products are very new or at the forefront of the market in their time. Furthermore, we do not only chose new products, but also products no longer available in stores. During the past six years, we have collected 202 products based on their value in the current market. The JIDA Design Museum Selection features high quality items of our time, although the value of the products often changes due to market trends. "Fancy Cup", for example, one of the most valued products in history, which was designed by Masahiro Mori and chosen for the 4th exhibition, has been a staple in the markets since 1969, while the "Toyota Prius" by Toyota selected for Vol. 1 exhibition was re-evaluated and redesigned for the market six years after the first exhibition.
We are also archiving and preserving past and present products based on their values (for the catalogs only). Last year, in 2003, the JIDA Design Museum Selection committee had its 50th anniversary. We are in the process of publishing a special edition catalog on 50 years of Japanese Industrial Design. It requires a tremendous amount of research to collect all design products from the past 40 to 50 years.
It is important to archive information on prominent designers and their products from the late 20th century that established Japanese design as a メcultural heritageモ.
As "preserving the past, present and future" is the mission of the JIDA Design Museum Selection, we are working to preserve and to pass on products and related information about contemporary industrial designers and engineers to the next generation.
We have shown the selected items in our exhibitions and catalogs all over the country. We hope that our new bi-lingual catalog takes on the role of introducing a new generation of Japanese design to museums, cultural institutions and educational institutions internationally, and to further the presence of the Japanese brands that are already established in the overseas market.
Our enterprise is graciously supported by generous contributions from corporations and individuals. We appreciate and look forward to your continued support.

Shigeru Onawa, Chairman, Design Museum Selection Vol. 6 committee

選定委員
天野登功広 伊奈史朗 上田幸和 大縄茂 倉方雅行
天野登功広
Tokuhiro Amano
伊奈史朗
Shiro Ina
上田幸和
Yukikazu Ueda
大縄茂
Shigeru Onawa
倉方雅行
Masayuki Kurakata
染谷昇 長坂亘 藤田敏
染谷昇
Noboru Someya
武正秀治
Hideji Takemasa
長坂亘
Wataru Nagasaka
藤田敏
Satoshi Fujita
古川美智子
Michiko Furukawa
松本康 武者廣平 矢島栄成 山崎和彦 吉田てるなが
松本康
Yasushi Matsumoto
武者廣平
Kohei Musha
矢島栄成
Yoshinari Yajima
山崎和彦
Kazuhiko Yamazaki
吉田てるなが
Terunaga Yoshida
渡辺正弘
渡辺正弘
Masahiro Watanabe
青木重光
Shigemitsu Aoki
天野真由美
Mayumi Amano
内田亮
Akira Uchida
大倉冨美雄
Fumio Okura
紫牟田伸子
Nobuko Shimuta
須藤正時
Masatoki Sudo
高波晃
Akira Takanami
内藤稔
Minoru Naito
橋本優子
Yuko Hashimoto


ごあいさつ選択基準支援会会員寄贈品第26回国井喜太郎産業工芸賞
セレクションVol.1
セレクション15商品一覧
セレクションVol.2セレクション26商品一覧
セレクションVol.3セレクション32商品一覧
セレクションVol.4セレクション47商品一覧
セレクションVol.5セレクション38商品一覧
セレクションVol.6|セレクション44商品一覧
セレクションVol.7セレクション47商品一覧
セレクションVol.9セレクション39商品一覧
s 図録TOP