商品名
Product
マイクロニッパー(ツーコンポーネンツハンドル)
Midget Diagonal Pliers 2 Component Handle
マイクロラジオペンチ(ツーコンポーネンツハンドル)
Electronic Long Nose Pliers 2 Component Handle
プロホビーシリーズ(ツーコンポーネンツハンドル)
Pro-Hobby Pliers Series 2 Component Handle Series
製造会社・出展協力寄贈
Manufacture
株式会社マルト長谷川工作所
Maruto Hasegawa Kosakujo, Inc.
デザイナー
Designer
株式会社マルト長谷川工作所マーケティング部 / (有)CWS 堀越敏晴
Maruto Hasegawa Kosakujo,Inc. Marketing & Sales Division / Tosiharu Horikoshi, Creative Workshop

マイクロニッパー(ツーコンポーネンツハンドル)/マイクロラジオペンチ(ツーコンポーネンツハンドル)/プロホビーシリーズ(ツーコンポーネンツハンドル)


マルト長谷川工作所は新潟県三条市で創業80年余を誇る老舗の工具メーカーで、手持ちで使うニッパーやペンチなどの工具を生産している。マイクロニッパーなどは出荷累計500万丁にも達する生産実績があり、また「世界最高の切れ味」をコンセプトにネイルアート用のニッパーシリーズを開発するなど、時代の流れやプロからの厳しい要求に応え製品開発している企業姿勢は大いに賞賛できる。また同社はプロの現場をよく理解したうえで、鍛造技術を駆使しオリジナルのクロームバナジウム鋼を用いて製作すると共に、※アニール工程でも耐久性の向上のため、十分な時間を掛けて行っている。このマイクロニッパーは細かな作業に欠かせない頻繁に使われる工具で、エンジニアの手腕を発揮する大切なツールである。使い勝手やデザイン性に十分な配慮が行き届いており、使う喜びを感じることができる。同社が多くのデザイン賞を獲得しているポイントであろう。“カチッ”と切れ味の良い音がすると何ともいい仕事ができたような気持ちになってしまうのがこの商品の魅力である。
(解説/上田幸和)
2004年4月発売 価格 \2,700 / 2,620 / 3,220

※アニーリング: 熱または機械的な応力によって生じた成形品の内部ひずみを除去するために適当な温度に保持した後徐冷する操作をいう。 日本規格協会「JISハンドブック」より。
Since its establishment, the Maruto Hasegawa Kosakujo, Inc. has been famous for being a tool manufacturer in the Niigata prefecture, Sanjyou city, for just over 80 years.
The company has been producing tools such as nippers and pliers, etc.
For example, the actual production of < micro nippers > is more than 5 million as shipments in total. In addition, it developed the nipper series for nail art with the concept of "Worldwide highest sharpness". I can greatly praise of this companies enterprising attitude with the activities that correspond to the flow of the times and the difficult requests from professionals, then try to develop the necessary products.
The company understands professional construction sites well, and produce objects using forging technology and the original chrome vanadium steel.
Also for the *Annealing process, it takes enough time to improve me durability, too.
This < micro nipper > is frequently an essential tool for fine work and at the same time is an important tool which shows the ability of the engineer. It has enough consideration which is sufficient for the usage and the character of design, and we can feel joy when using it. This is the reason why, the company has received many design prizes.
When I hear the good sharp sound like "click", I feel that I have already done a good job. This is the charm of this commodity.
(Commentary / Yukikazu Ueda)
Launch Year / 2004



Back<<<< 図録TOP >>>>Next