商品名
Product
SEIKO iZUL
SEIKO iZUL
製造会社・出展協力
Manufacture
セイコーウオッチ株式会社
Seiko Watch Corporation
デザイナー
Designer
セイコーウオッチ株式会社デザインセンター
Design Center,Seiko Watch Corporation

SEIKO


iZULの開発目標は「セイコーの財産である“精密スプリングドライブ・クロノグラフによる計測技術”に特化した腕時計をつくる」ことだったという。デザイナーは「計る」ことに拘り、針、文字盤、判読性、操作ボタンなど従来のデザイン要素を再度詳細に検討している。この中から発案されたのがiZULの特徴の一つであるケーストップのロータリー機能だ。時刻を知る「基本時計モード」と計ることに特化した「計測モード」を180°回転し切り替える。この行動は僅かな時間だが、計ることへ気持ちを切り替える重要な儀式であり高揚感を体感させたいとのデザイナーからのメッセージでもある。この回転軸は斜めになっており、計測モード時の盤面は10°の角度となる。もちろん視認性を高めるための配慮だが、製作難度は飛躍的に上がってしまう。また、美しい研磨仕上げも、もう一つの特徴であるがこの斜めであることで一層加工を難しくしているという。しかしデザイナー、エンジニア、職人が一丸となったモノづくりで、これまでに見られない「計測」に特化した魅力ある商品に仕上がってい る。
(解説/大縄 茂)
2007年11月発売
\892,500
The goal of the development of the < SEIKO iZUL > was to develop a wristwatch that features SEIKO's spring drive technology. The designers analyzed the usual design parameters such as hands, dials, legibility and operation buttons in detail with regard to time measurement. As a result, a rotating top was developed for the < iZUL >. By rotating the top 180 horizontally, you switch only in seconds from the normal "watch mode," to the "stop watch mode." However, this switching is an important procedure-it is like changing the mind and preparing for measuring. It also conveys the designers'message that you can feel this very drive when rotating the top case. The rotary axis is tilted and so the dial in the "stop watch mode" is tilted by an angle of 10. One of the goals was to improve legibility, an aim that made the development of this chronograph quite difficult. Similar challenges posed the polished surface finish, which is another significant feature of the watch, and also the tilted surface. The joint work of the designers, the engineers and craftsmen on the body has resulted in a product with a time-measuring feature that has never been seen before.
(Commentary / Shigeru Onawa)



Back<<<< 図録TOP >>>>Next