商品名
Product
WR07-15 小さな時計
WR07-15 Small clock
製造会社・出展協力寄贈
Manufacture
株式会社タカタレムノス
TAKATA Lemnos Inc.
デザイナー
Designer
渡辺 力
Riki Watanabe

WR07-15


この時計は1970年に発売されたパーソナルクロックの先駆けともいえる「小さな壁時計」のリ・プロダクトとして2007年に発売された。組立上の構造は若干違うもののほぼオリジナルに忠実なつくりとなっている。デザイナー渡辺力氏へのオマージュでもあろう。2006年に東京国立近代美術館で開催された「渡辺力-リビング・デザインの革新」展の図録を参照するとオリジナルデザインについて次のような解説がある。「70年代初頭の日本家屋の住空間は和風から洋風なモダンリビングへと移行しようとする時期で、個室化するそれぞれの部屋でのパーソナルユースを想定して開発された。日本人の生活空間の変化を敏感に捉えたデザインとして評価される。」(要点のみ記述) それからほぼ40年。このモダンデザインは何ら色褪せることなく21世紀の現代でもその存在は新鮮だ。 このデザインを取りあげた同社の見識に共感する次第だ。
(解説/大縄 茂)
2007年10月発売
\10,000
This clock was sold in 2007 as a reproduction of the "small clock," a pioneering personal clock that came on the market in 1970. Although the construction is slightly different, the structure is nearly the same as the original's. It probably is a homage to the designer Tsutomu Watanabe. There is a description of the original design in the catalog of the exhibition "Tsutomu Watanabe-Innovation of living room design" held at Tokyo National Modern Art Museum in 2006, which goes like this: "The living space of Japanese houses in the early seventies has shifted from the Japanese style to a modern Western style. Personal use in each private room has been considered in the development. It can be appraised as a design that sensitively captured the change in Japanese living space." 40 years have passed since then. The modern design hasn't faded in any way and its fresh even in the present 21st century. The company's judgment to accept this design deserves appraisal.
(Commentary / Shigeru Ounawa)



Back<<<< 図録TOP >>>>Next