商品名
Product
Suwada つめ切り クラシック L,S
SUWADA NAIL NIPPER CLASSIC L,S
製造会社・出展協力寄贈
Manufacture
株式会社諏訪田製作所
Suwada Blacksmith Works,Inc
デザイナー
Designer
小林 知行
Tomoyuki Kobayashi

Suwada つめ切り クラシック


日常生活のなかで誰もが使う「つめ切り」は、用が足りて値ごろであればよい、というのが一般的な選択肢である。これに対して、SUWADAつめ切り「クラシック」は、「用の美」を極限まで追求している点で、他の製品とは一線を画している。優れた機能性。完成度の高いかたち。そして、手づくりの逸品性。つめのカーヴにフィットする鋭い曲げ刃は、高圧鍛造によるもので、丹念な手磨きで仕上げられる。その強靱な切れ味は、長年の使用においても変わらず、バネの片側がハンドルから離れる新機構の「シリンダー・スプリング」をして、刃先が大きく開き、巻爪や変形した足の爪が切りやすい。また、刃先が見やすいので、ニッパーになじみがないユーザーも、安心して使うことができる。すなわち、道具の「基本的な使い勝手」が徹底的に追求されているのである。諏訪田製作所が掲げる「ものづくりの姿勢」は、インダストリアル・プロダクトを生産しながら、クラフツマンシップを大切にすることに凝縮されており、それは、地場産業の規範と評してよいだろう。いわく、「美を創り出す道具は、それ自身も美しく、愛情が湧く本物でなければならない。」
(解説/谷村 秀)
007年9月発売 価格\6,825〈L〉,\6,615〈S〉
Most people don't give much thought to choosing a nail nipper as it is such a familiar appliance in their daily lives. Suwada's Nail Nipper "Classic" draws a line between other products by pursuing "the beauty of functionality" to the highest level as can be seen in the superior functionality, the shape with a high-quality finish, and the superbness of a handmade product. The sharp, curved blade, which fits the curve of the nail, is forged under high pressure and carefully hand polished. The tough sharpness of the blade is retained even after long years of use, and with the new "cylinder spring"-construction, where one side of the spring detaches from the lever, the tip of the blade will open wide, allowing the user to cut deformed toe nails. Furthermore, the tip of the blade is easy to see, so users who are not familiar with nippers can use them safely and comfortably. Therefore the basic principle of ease-of-use of an appliance is pursued to the highest level. "The attitude of manufacturing" held up by Suwada Blacksmith Works is condensed in the fact that the company cherishes craftsmanship while manufacturing industrial products, and thus sets as an example for local industries. "Tools that create beauty must also be beautiful themselves and must be something real that draws affection".
(Commentary / Shigeru Tanimura)
aunch Year / 2008



Back<<<< 図録TOP >>>>Next