商品名
Product
デジタルヘルスメーターHD-366
Digital Bathroom Scale
製造会社・出展協力寄贈
Manufacture
株式会社タニタ
TANITA Corporation
デザイナー
Designer
株式会社タニタデザイン室 小早川 達俊
TANITA Corporation Design Department Tatutoshi Kobayakawa

デジタルヘルスメーターHD-366


体重計であることを知らないで眺めると、板状のガラス製オブジェではないかと思うほど、シンプルなデザインのデジタル・ヘルスメーターHD-366。本体は漆黒で、ユーザーが乗ると、表示部分全体が薄青に光る。やがて、クールな印象のバックライトのなかに体重表示が輝き始める。ガラス製の体重計は、1992年前後に試作がヨーロッパで発表され、商品化は1995年頃、主にアメリカ市場で開花した。今日では多種多様なモデルが見られるが、日本における普及は、欧米ほどではない。そうしたなかでHD-366は、ガラスという素材の特性を活かし、スタイリッシュに仕上げられている。メタボリック・シンドローム対策が叫ばれる昨今、より「大きくなった」日本人の体躯を鑑みて、従来のもの、一般的な製品に比べると、サイズが大きく、200kgまで計測できる。加えて、丸みをつけたガラスのエッジ、乗り降りに心地よい高さ、LEDの青い表示、それを引き立てるボディ・カラーなど、デザイン面の評価が高い。「乗りもの」としての魅力もあり、ガラス製の体重計がブームとなる予兆を感じさせる逸品といえるだろう。
(解説/上田 幸和)
2009年4月発売 価格\8,400
The concept behind the HD-366 digital bathroom scale is to make it look like a subtle, plate-like object that is congruous with its surrounding. The body is a uniform black surface until the user steps on it and activates the display making the blue backlit text appear. The first prototype glass bathroom scales appeared in Europe in 1992. It gained prominence in Europe around 1995 and later it became a successful product in America. Despite its success in Europe and America and the wide variety of models that were created, glass scale never gained a wide popularity in Japan. Considering these circumstances, HD-366 makes the best use of the glass material. Taking into an account that Japanese men and women are becoming more obese due to the prevalence of "metabolic syndrome" it provides a larger surface and is capable of taking weight measurements up to 200kg. Additional design elements such as rounded edges, the right step-on height and the contrast between the blue backlit LED and the body color make it more appealing. This scale is an engaging concept and I have a feeling that it will evoke a new wave of enthusiasm for glass scales.
(Commentary / Yukikazu Ueda)
Launch Year / 2009



Back<<<< 図録TOP >>>>Next