商品名
Product
HASUシリーズ
HASU
製造会社・出展協力寄贈
Manufacture
卯之松堂
UNOMATSUDO
デザイナー
Designer
ナヴァプロダクツ 坂本 敏昭
navaproducts
ホンダケイゴデザイン 本田 圭吾
Honda Keigo Design

HASUシリーズ


テーブルウェア「HASU」(ハス)シリーズは、「プレート」(皿)と「ワン」(椀)を同じテーマでデザイン構成するという、従来の漆器にはない手法を取り入れた、新しい和食器である。「プレート」と「ワン」は、ともに器の内側にサークル状のショルダー・ラインを有し、それが両者のデザイン的な統一感、料理を盛りつけた際のアクセントになっている。また、収納に関しても、「ワン」の高台には安定感をもたらす工夫が図られ、同一サイズの「プレート」のスタッキングに対する配慮も見られる。カトラリーシリーズもまた、轆轤挽きした材料をカットするという従来にない新しい技法で生産されている。純国産品としてコストダウン化に成功していると同時に、特有の柔らかなフォルムにより、口当たりや扱いやすさを実現している。いずれもこれまでの常識に囚われない、漆工芸の可能性を感じる製品といえる。このシリーズは、伝統に縛られがちな漆工芸の世界で命題となっている「産地」と「生活者」の関係を、サステナブルな視点で解決し、製品化に反映させた好事例といえるだろう。「技の伝統」を「現代の生活」に取り込むものづくりのあり方は、各地における地場産業の将来的な発展の糸口となり、その肩肘張らない使い勝手は、漆器を特別視する今日的な問題点の解決にもつながる。ひいては、よりよいモノの「普段使い」という提案と普及が、自然なかたちでの文化の継承、その日常化をも意味しているのではないだろうか。
(解説/倉方 雅行)
2008年4月発売 価格\4,200/5,250〈スープワン〉,\4,200/5,250〈ライスワン〉
\7,875/9,450〈ドンワン〉,\3,675〈ソーサー〉,\11,550〈メインプレート〉
,975〈ワイドプラター〉,\10,500〈サイドボウル〉,\15,750〈メインボウル〉 \21,000〈ごはんびつ〉,\2,520〈挽割りカトラリースプーン(小)〉 3,150〈挽割りカトラリースプーン(大)〉,\2,520〈挽割りカトラリーフォーク(小)〉 \3,150〈挽割りカトラリーフォーク(大)〉,\3,990〈挽割り飯べら〉 \8,190〈挽割りサーバーセット〉
The "HASU"-series is a new Japanese-style tableware that is characterized by the principle of designing the plate and the bowl according to the same theme, which has never been done before. The plate and the bowl both have a circular shoulder line on the inside, which brings unity to the design and becomes an accent when the food is served in the dish. Storage-wise, the base of the bowl has been cleverly thought out so that it is stable, and there was also thought put into the design of the plate so that plates of the same size can be stacked easily. The cutlery series is also produced in an unprecedented method, which requires cutting the material that was turned on a potter's wheel. Successful in cutting costs, being an all-Japanese product and having a unique soft shape, the series thus realizes the ease of use and a pleasant taste. Both product lines are something that is not bound by conventions and they let one feel the possibilities of lacquer craft. This series proposes a new relationship between "the origin" and "the consumers", which is a proposition in the world of lacquer craft that tends to be bound by tradition from a sustainable point of view, and thus it is a good example of reflecting it with regard to the aspect of commercialization. The way of manufacturing by incorporating "the tradition of skills" into "present-day lives" is a clue to the future development of local industries all over the country, and the modesty and usability can lead to solving the problem of modern times where lacquerware is looked upon from a special perspective. The proposition and the spreading of using better products in everyday life might stand for the inheritance of a culture in a natural form.
(Commentary / Masayuki Kurakata)
Launch Year / 2008



Back<<<< 図録TOP >>>>Next