商品名
Product
フルーツブロックメモ
FRUIT MEMO BLOCK
製造会社・出展協力寄贈
Manufacture
株式会社ドラフト/D-BROS
DRAFT Co.,Ltd./D-BROS project
デザイナー
Designer
天宅 正
Masashi Tentaku

フルーツブロックメモ


果物そっくりのかたちをしたブロック・メモ。スライスされた果実のようなページを1枚ずつはがし、メモ用紙として使用する。発売時のヴァリエーションは、「リンゴ」と「ヨウナシ」の2種類。全体のフォルム、ページの形状、使い終わると「本物の枝」による芯が現れるというアイデア、「実際に果物を包む素材」によるパッケージが実にユニークだ。プレゼントされた者は、「産地直送の新鮮な果物」を手にする錯覚を覚える。何枚もの紙片を重ねたかたちの造形的な面白さ。ギフト・ユースにおいても話題性がある。インテリア・オブジェとして目を引くことは、いうまでもない。製品をめぐる楽しいコミュニケーション、そして明るい生活。グラフィック・デザインの領域を超え、新しいプロダクト・デザインを探るプロジェクトから生まれたこの商品は、従来のデザインの枠組みでは考えられなかった世界を追求している点で、クリエイターからの注目度も高い。
(解説/宇野 由佳理)
2009年5月発売 価格\1,890
A block of memo paper that resembles a fruit; pages made to look like sliced fruits are peeled one by one and used as memo papers. At the time of release, there were two variations, "apple" and "pear". The complete form, the shape of the pages, the idea that the core is made of an "actual branch" and appears when all the pages are used, and the fact that it is packaged in "materials used for the actual packaging of fruits", is truly unique. Upon receiving this product as a present, one will feel as if he/she is holding "a fresh fruit send directly from the farm". The figurative fun of layering numerous leaves of paper; this product is sure to be talked about in terms of gift usage. It goes without saying that it will gather attention as an interior objet d'art. Pleasant communications regarding products, and cheerful lives; this product, born from a project in search for a new product design that surpassed the area of graphic design, pursues the world that was unthinkable from the conventional framework of design, and gathers high attention from creators.
(Commentary / Yukari Uno)
Launch Year / 2009



Back<<<< 図録TOP >>>>Next