商品名
Product
ニューフォレスタ
NEW FORESTA
HR 10×50WP
HR 10×50WP
製造会社・出展協力寄贈
Manufacture
株式会社ビクセン
Vixen Co.,Ltd.
デザイナー
Designer
辻村 哲也 ツジムラデザインスタジオ
Tsujimura Design Studio Tetsuya Tshjimura
株式会社ビクセン 企画部
Vixen Co.,Ltd. Planning Division

ニューフォレスタ/HR


双眼鏡というものは、ユーザーの両目の間隔に、鏡筒の中央にある回転軸を開いて合わせるが、この軸は、鏡筒内のレンズを前後に動かして調整するフォーカスにも利用される。「ニューフォレスタ」HRシリーズの場合、回転軸を前後のブリッジに分けることで、左右の鏡筒をしっかりホールドすることができ、その持ちやすさは抜群である。だが、テクノロジーの観点からすると、回転軸の分割は、非常に困難かつ精度が要求される技術といえる。一般的には、「高価なプロダクト」という印象が強い双眼鏡。しかし、「ニューフォレスタ」においては、中級機種でありながら、この特殊な分割構造を実現し、理想的なテクノロジーの敷衍に貢献したことが評価される。まさに、双眼鏡の世界にもたらされた「快挙」としても過言ではない。デザイン的には、細部の仕上がりに新鮮味があり、いわゆる「ダハ型」双眼鏡の新しい方向性を示す、エポック・メーキングな機種である。使いやすさの最優先、それを可能にするテクノロジー。これらを、リーズナブルな価格で提供できるのは、高度な設計技術と品質管理の成せる技に他ならない。
(解説/上田 幸和)
2009年発売 価格\36,750
Users of binoculars adjust the space between the eyes by opening the rotation axis between the two eyepieces. However, this axis is also used to adjust the focus by moving the lenses inside the eyepieces back and forth. In the case of "New Foresta" HR series, the rotation axis is divided in to front and back bridges. This allows the left and right eyepieces to be held in place more firmly, and the handling is perfect, but from the technological point of view, the division of the rotation axis is a technique which is extremely difficult and requires high accuracy. Normally, binoculars tend to be thought of as "expensive products". However, "New Foresta", being an intermediate model, realized this special split structure and contributed to the development of an ideal technology, and this point can be highly evaluated. It is no exaggeration to say that it is a "spectacular achievement" brought into the world of binoculars. There are refreshingly detailed finishes in terms of design, and this is an epoch-making model that shows the new direction of "dahaprism" binoculars. Prioritizing the ease of usage and the technology to make it possible; the ability to provide them in a reasonable price range can only be gained through high design technique and quality management.
(Commentary / Yukikazu Ueda)
Launch Year / 2009



Back<<<< 図録TOP >>>>Next