商品名
Product
パワーショット SX200 IS
Power Shot SX200 IS
製造会社・出展協力寄贈
Manufacture
キヤノン株式会社
CANON Inc.
デザイナー
Designer
キヤノン株式会社 コンシュマー第一デザイン室
CANON Inc. Consummer Product Design Dept.1
宮原 和彦・高谷 慶太
Kazuhiro Miyahara,Keita Takatani

パワーショット


「12倍ズーム&おまかせ機能満載」をキャッチフレーズとする「PowerShot SX200 IS」は、キヤノンが展開してきた「PowerShot」(パワーショット)シリーズとしては、最新のヒット作になりそうなコンパクト・デジタル・カメラである。 字義通り、12倍光学レンズ、スチル・カメラ、ハイビジョン・ムービー・カメラ、画像再生機能を備える「多用途・高性能カメラ」でありながら、スリムでコンパクトにまとまり、端整なデザインに仕上げられている。なかでも、右側がおだやかに張り出したボディのフォルムは、突起状のグリップを設けずとも、安定したホールディングを可能にし、流行を追わない「実用性重視」のコンセプトに合致する。このボディ・デザインを歴史的に見ると、同社が1986年に発売し、一世を風靡した35mmレンズ、シャッター式のフィルム・カメラ「オートボーイ3」の再来と位置づけられ、「振り返れば未来が見える」という点においても、評価が高い製品といえるだろう。
(解説/長坂 亘)
2009年4月発売 オープン価格
"PowerShot SX200 IS", with "equipped with 12x zoom & random features" as a catchphrase, is a compact digital camera that could become a new hit in Canon's "PowerShot" series. Even though it is literally a "multi-purpose, high-performance camera" equipped with 12x zoom, still camera, high vision movie camera and picture playback function, it still is slim, compact, and finished in an organized design. Especially the shape of the body with a gentle swelling on the right side that allows a steady handling without a protruding grip matches with the concept of not going with the trend and focusing on the practicality. Looking at the body design historically, it is said to be the reincarnation of the shutter-type film camera "Autoboy 3" with a 35mm lens which was introduced by Canon in 1986 and dominated the world. "By looking back, one can see the future"; it can be said that this is a highly evaluated product.
(Commentary / Wataru Nagasaka)
Launch Year / 2009



Back<<<< 図録TOP >>>>Next