商品名
Product
加湿器 Ver.3
Humidifier Ver.3
製造会社・出展協力寄贈
Manufacture
プラマイゼロ株式会社
PLUS MINUS ZERO Co.,Ltd.
デザイナー
Designer
深澤 直人
Naoto Fukasawa

加湿器


2003年に最初のコレクションを発表後、順調な成長を遂げた「±0」(プラスマイナスゼロ)は、今や社会現象になった観がある「デザイン家電」の先駆的ブランドとして知られている。そのコンセプトは、「みんながほんとうに欲しかったモノ」をデザインの力で実現すること。厳選された商品ラインアップのなかで、とりわけ注目度、言及度が高いのは、やはり家電製品である。2004年から発売を開始した「加湿器」の場合、三度のヴァージョン・アップを経て、デザインはもちろんのこと、品質や操作性においても、完成度がきわめられた。プラスティック製でありながら、艶やかな陶器を思わせる水滴形のフォルムは、設置される場所を問わず、あらゆる空間に溶け込み、しかもインテリアの点景となる。「コンセプチュアル・ブランド」の魅惑によって、その概念が激変した家電領域。販売実績・年数の伸び、販売店の変化や拡大は、加湿器を始め、かつては特異だったモノ、あるいは逆に、ありふれていた製品の存在感や価値、ユーザーへの訴求の高まりを証明する。
(解説/橋本 優子)
2009年9月発売 価格\19,950
"0"(Plus minus zero), who has been growing steadily since the release of the first collection in 2003, is know as a pioneer brand of "design consumer electronics" that is now a social phenomenon. The concept is to realize "something everybody really wanted" with the power of design. Within the carefully selected product lineup, household appliances gather the most attention. In the case of "humidifier" released in 2004, there have been three improvements, and not only the design but also the quality and the usability have been perfected. Even though it is made of plastic, the droplet-shaped form reminiscent of an elegant china blends into any given space regardless of where it's placed, and becomes the focal point of an interior. The field of home appliances whose concept was radically changed due to the charms of "conceptual brands"; the growth in sales results and years of sales, and the expansion and changes of dealers prove that there is a rise of presence, value and user-directed appeal of products that was thought of as peculiar, or on the contrary, common such as humidifiers.
(Commentary / Yuko Hashimoto)
Launch Year / 2009



Back<<<< 図録TOP >>>>Next