商品名
Product
CUBIT
CUBIT
製造会社・出展協力
Manufacture
信号電材株式会社
SHINGO DENZAI Co.,Ltd.
デザイナー
Designer
秋田 道夫
Michio Akita

CUBIT


全国各地の交差点で見られる信号灯器は、視認性、コスト、耐久性を追求したもので、道路を中心とする交通環境を支配しながら、そのデザインについてはあまり重要視されていなかった。ところが最近、交通信号の世界に変化が起こった。省エネルギーや環境保全を鑑みた、LED信号灯器の出現である。表示部の配光が均等であるため、きわめて見やすい。しかし全体の形状は、従来の製品を踏襲する事例が多い。 これに対して「CUBIT」は、現代の都市空間に合致する、新しいデザイン提案と捉えることができる。2灯から4灯(主に海外)まで、ライトが増設されても、造形的に崩れないよう配慮されている。また、単に「点滅する」だけではなく、LEDによって「文字・記号の表示」を容易にし、災害時などの「情報伝達」に寄与する可能性も感じられる。 交通環境のなかで重要な機能を担いながら、多くの場合、デザイン面がなおざりにされてきた信号灯器。一般的にドライバーは、その「色」だけを注視し、安全運転を心がけながら交差点を通過する。だが歩行者は、信号待ちをする際に、その「フォルム」や「周囲とのバランス」を意識する場合があり、ときには交差点の殺風景さに驚かされる。 試作段階の「CUBIT」がデザイン的に極められ、量産プロダクトとして近未来の交通環境を美的に改善することに期待したい。
(解説/木村 徹)
試作発表2004年8月
The traffic lights which can be seen at every crossing in Japan persuade visuality, cost and durability and control the traffic environments such as roads and its design was not considered important. But there was recently a change in traffic lights world. A LED light traffic light, which achieved energy efficiency and environment protection, came into the scene. The luminious intensity distribution on the display is even and the display is easy to be read off but the entire form of it follows the old traffic lights. In contrast, CUBIT can be considered as a proposal of a new design which matches a modern city space. The form is designed not to be ruined even if the number of lights increases from 2 to 4. Furthermore, the lights do not simply blink but the display of words and symbols became easier thanks to LED and show a possibility to contribute to information communication in case of emergency. Traffic lights have an important function in traffic environment but, in many cases, the design was looked over. Normal drivers just focus on the colour and pass by the traffic light with keeping a safe drive in mind. However people who are walking sometimes pay attention to the form of a traffic lights and the balance with the surrounding and be surprised by the dreary of a crossing.・ It is expected that CUBIT, which is still in a experiment stage, will reach the best design and improve aesthetically the near future traffic environment as a mass product.
(Commentary / Toru Kimura)
Launch Year / 2004



Back<<<< 図録TOP >>>>Next