JIDAデザインミュージアムセレクション

「現在」が「過去」に、もの凄いスピードで過ぎ去って行きます。

過去の製品も収集する一方、現在のものもある価値の基で記録・保存することも必要です。この「JIDAデザインミュージアムセレクション」事業では最近のものを中心にデザイン性の高い商品を選定します。選定した製品は各地での展示会や図録などで皆様に公開しています。

 

目的

「美しく豊かな生活を目指して」をテーマに、インダストリアルデザインが社会に寄与する質の高い製品を選定し表彰すると共に、その製品を収集保管して次世代に伝え、教育、産業、生活へ文化的貢献を行うことを目的とするものです。

選定基準

  1. 高度なデザインを達成しているもの。

  2. デザインコンセプトに革新性を有するもの。

  3. 新技術の提案力が高いもの。

  4. 社会環境・自然環境への配慮を具体化しているもの。

  5. 新たなスタイリングの提案を示すもの。

マトリックスガイド

各セレクションの選択基準要素は、マトリックスにして表現してあります。マトリックスの横軸は生活領域・事業領域・公共領域の3領域を。縦軸にはセレクションに重要なデザイン上のポイント、先駆性・社会性・技術革新性・造形性を表しています。また、マトリックス上のmatrixpattern.jpg印は、対象商品のポジショニングで、選択要素が横軸と縦軸の各要素であったことを示します。
なお、商品によっては、この matrixpattern.jpg印が複数表示されているものもあります。

※マトリックス図
new-matrix.jpg

セレクション リスト

JIDAデザインミュージアムセレクション vol.17 2015年

第17回を迎えましたJIDAデザインミュージアムセレクションは、今年度7月の公募開始から始まり、8月までにJIDA会員から111点の推薦が有りました。 8月23日の選定委員会と9月25日の特別選定委員会により、推薦品の中から選定基準に基ずいて、ゴールドセレクション賞4点とセレクション賞38点が得ればれました。