JIDA Museum Selection vol.15

マツダ アテンザ

MAZDA ATENZA

Manufacturer

マツダ株式会社
Mazda Motor Corporation

Designer

マツダ株式会社 デザイン本部
チーフデザイナー 玉谷 聡
Mazda Motor Corporation
Akira Tamatani(Chief Designer)

※画像はクリックすると拡大します。

新型アテンザは、マツダの新デザインテーマ「魂動(こどう)」の真髄といえるダイナミッ クで生命感ある動きとスピード感、そして艶感あふれる面質を純粋に、そしてアーティ スティックに表現し、圧倒的な存在感と美しさの実現を目指したマツダのフラッグシッ プカーである。エクステリアではCDクラスとしての堂々とした存在感、品格とともに、 あたかも隅々まで血液や神経が通う生き物がドライバーの意志を忠実にタイヤの接地 点まで伝えるような生命感を表現した。インテリアではドライバにはドライビングプレ ジャを、パッセンジャには心地よく包まれる空間を提供し、エクステリアデザインと呼 応するスピード感ある造形と、CDクラスにふさわしい素材感を与え、上質なデザイ ンとした。
魂動デザインのイメージカラーとなるソウルレッドプレミアムメタリックは、ハイライト の発色の良さと深みの両立を成功させ、内からエネルギを発する、エモーショナルな「赤」として完成させた。エンジニアがデザイナーの意を酌み試行錯誤を重ねて実現 した、マツダ渾身の「赤」である。

(解説/玉谷 聡)
2012年11月発売 価格¥2,500,000~¥3,400,000(税込)

The new ATENZA is a Mazda’s flagship car, aiming to realize presence and beauty by expressing dynamic lively movements and speedy feeling – the core of the new design theme "Kodo" – with pure and artistic expression of alluring surface language. Its exterior design has imposing dignified presence worthy as a car in CD segment, but at the same time it expresses dynamic vitality that directly delivers a driver’s intention even to the points where tires meet ground as if it were a living creature with blood and nerves all over its body. The interior provides driving pleasure for a driver while comfortably enclosed feeling for a passenger. At a glance, its elegant design gives impression of speedy feeling, equivalent with the exterior, through suitable material feeling as CD class car. The color "Soul Red Premium Metallic" is an image of the energetic spirit of the design. It has a successful balance of depth of color and good color development with regard to the highlight. This color accomplishes to be an emotional "red" that emits energy from within. This intention, which is embodied by Mazda's "red", was realized through a process of trial and error by the engineers and designers. 

(Description / Akira Tamatani)
 Launch Year / 2013


 

フロントフェースからはじまりサイドビューに至る動感あふれる造形は、躍動する生命 体を思わせるスタイリングである。力強いトルクと燃費性能を高次元で融合させたク リーンディーゼルエンジン、そしてクルマを操る楽しさと快適な乗り心地を追及した安 定した高性能シャーシーなどスカイアクティブ・テクノロジーがスポーティーセダンの 魅力を一層惹きたてている。

 

(選定委員/伊奈 史朗)

Looking at the front of the car and continuing to the sides, its dynamic styling is reminiscent of the movement of a living organism. It features a clean diesel engine that fuses powerful torque, high performance, and fuel efficiency. And also the stable, multidimensional chassis that pursues the concept of driving comfortably contributes to making a ride in this car a pleasure. The "SKYACTIV" technologies applied enhance the car’s functionality and also its charm as an attractive sporty sedan.

(Description / Shiro Ina)