JIDA Museum Selection vol.15

トヨタ クラウン
ハイブリッド アスリート G0

CROWN HYBRID ATHLETE G ,Toyota

Manufacturer

トヨタ自動車株式会社
TOYOTA MOTOR CORPORATION

Designer

トヨタ自動車株式会社
デザイン本部
トヨタデザイン部
Toyota Design Div.,
Design Center,
TOYOTA MOTOR CORPORATION

※画像はクリックすると拡大します。

クラウンは、1955年の誕生以来、「安心」・「信頼」といった伝統を積み重ね“日本の高級車を牽引する正統派セダン”として進化してきた。今回の14代目は、原点に立ち返り、本質である優れた乗り心地や高い静粛性を磨き上げたうえに、現代において求められる要件を積み上げていくことを念頭に開発。“新たな革新への挑戦”をキーワードに、お客様の期待を超える「もっといいクルマづくり」の先頭に立つクルマであり、トヨタ再生「ReBORN」の象徴として「トヨタのクルマづくりが、この車から変わった」と思っていただけることを目指した。新たなクラウンらしさを象徴的に表わすデザインコンセプト「ICONIC DIGNITY」。威厳を表現しながら、「粋なフォーマルさ」と「走りの良さ」を「ロイヤル」「アスリート」2つのシリーズで幅広いターゲットユーザーに対応し市場の活性化を狙った。更にそれぞれの個性を際立たせたクラウンにおいて「今の時代の高級車として必要なものは何か?」を追求し開発した。

 

(解説/トヨタ自動車株式会社 デザイン本部 グローバルデザイン企画部)
2012年12月発売  価格 ¥5,430,000(ハイブリッド アスリートG)

The Crown has evolved since its birth in 1955 into the leading Japanese luxury sedan, accumulating a tradition of "peace of mind" and "trust". Now in the 14th generation, the development heeded the need to meet the growing demands of the modern era by returning to its origins and its essence, providing an excellent and extremely quiet ride. The keyword "challenging for new innovation" is aimed at exceeding customer's expectations by "Making ever better cars", with Toyota's "ReBORN" being considered the symbol of rebirth where customers can feel that "Toyota's car manufacturing changed with this car". The design concept "ICONIC DIGNITY" is represented symbolically by the new Crown.  While being an expression of dignity, "fashionable yet formal", and "good driving performance",  the two series "Royal" and "Athlete" are aimed at a wide range of target users to enhance the revitalization of the market. Furthermore, during the development of each version of the Crown we constantly asked ourselves "What is it that makes a modern luxury car".

(Description/ Toyota Motor Corporation, Design Center Global Design Planning Div)
 Launch Year /  2012


 

2012年「ReBORN」トヨタは変わるという意志を表明した。その代表格クラウンは2003年ZERO というキーワードでデザインもイメージも刷新し若い世代に受け入れられその変革が2008年、そして2012年モデルでより大胆にそして躍動のイメージを際立たせ進化した。伝統の継承、そしてたゆまぬ変革がスタイルと環境への配慮、爽快な走りを高い次元でバランスさせたモデルである。

 

(選定委員/伊奈 史朗)

In 2012, Toyota declared the intention to change, and called it "ReBORN".
The representative 2003 Crown, called by the keyword ZERO, was accepted by the young generation because of the renovated design and image. That transformation in 2008, and again more boldly in the 2012 models, was a conspicuous evolution of the dynamic image.
The inheritance of tradition and steady innovation have been balanced at a high level in this model with a concern for style and the environment and an exhilarating ride.

 (Selection committee/ Shiro Ina)