JIDA Museum Selection vol.15

スキャンスナップ SV600

ScanSnap SV600

Manufacturer

株式会社 PFU
PFU LIMITED

Designer

杉谷 稔・里地 俊樹・アルヴィセ ガンガロッサ 山下 政明・黒田 悟志
Minoru Sugitani,Toshiki Satoji,Alvise Gangarossa,Masaaki Yamashita,Satoshi Kuroda

※画像はクリックすると拡大します。

ScanSnap SV600は、さまざまな原稿を簡単にスキャニングできる革新的なパー ソナルドキュメントスキャナです。新聞や雑誌の見開きなど裁断できない大きな原稿 から厚みのある本、子供の絵日記やクレヨン画のように表面がデリケートな原稿、ま たは凹凸のある原稿などもそのまま簡単にスキャン出来ます。新開発の高被写界深 度レンズ、ライン型CCDセンサー、高指向性LED光源を組み合わせた「VIテクノロ ジー(Versatile Imaging Technology)」は、A3サイズまでをクリアで均一に電 子データ化出来ます。操作は簡単Scanボタンを「ワンプッシュ」で、本などはペー ジをめくるだけで自動読み取りする「ページめくり検出」、本や雑誌を開いた時に発 生する中央部の歪みを自動補正する「ブック補正」など、革新的な機能を使いやす くデザインした新感覚のスキャナです。

(解説/杉谷 稔)
2013年7月発売 オープン価格/PFUダイレクト価格¥59,800(税込)

ScanSnap SV600 is an innovative personal document scanner. With this scanner, you can easily scan many documents. You can easily scan large documents that cannot be cut, like newspapers and magazines, and also thick books and delicate manuscripts, like crayon drawings and pictures by children, or even uneven manuscripts.  The newly invented VI technology (Versatile Imaging Technology), which combines a high-depth-of-field lens, a CCD linear image sensor, an LED that is capable of illuminating a wider area of space, allows you to scan documents up to A3 size.  The ScanSnap SV600 is very easy to use; just press the "scan" button once and every new page you turn will automatically be scanned thanks to the "Page Turning Detection". This easy-to-use scanner is designed to give us a new perceptive on scanning.

(Description / Minoru Sugitanii)
Launch Year / 2013


 

書籍などの電子化がひろく叫ばれている中、時代の流れに即したといえるプロダクト が開発された点を高く評価している。スキャニングに対する高品位、多機能に及ぶ 仕様の充実度もさる事ながら、誰でも簡単に電子化が行えるスタイルは、今後の原 稿物の在り方をも問う“ エポックメイキング ”な商品となる事を期待してやまない。

(選定委員/谷村 秀)

Nowadays, digitizing books is the trend, so it is important to develop a product that satisfies the current needs.  We hope the ScanSnap SV600, with its precise, high quality and multi-functional scanning capabilities, while at the same time being very easy to use, will lay the foundation for a new era of scanning and thus become an "epoch-making" product.

 (Selection committee / Shigeru Tanimura)