JIDA Museum Selection vol.18
 

4K対応液晶テレビ TH-DX770シリーズ

Product 4K対応液晶テレビ TH-DX770シリーズ
4K Ultra HD TV
Model number TH-DX770 Series
Manufacturer パナソニック株式会社
Panasonic Corporation
Designer 羽田 大利
hirotoshi hada
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

ユーザーのリビングでの生活が多様化し、様々な空間/活動/スタイルに適応することがテレビにも求められている。しかし、テレビの設置状況は人により様々で、使用しているTV台や周辺機器も異なる。そこで、状況に応じて最適なスタイルが選べる可変スタンドを提案。大きなラックにサウンドバーも含めてゆったり設置したい方は幅広のスタンドを選択。小さなラックにしか置けない方はスタンドの取り付け位置を変えてコンパクトに設置できる。また、狭額縁で4K高画質を際立たせ、素材もメタルフレームを使用しインテリア性を高めた。インテリア空間に合わせて、コーディネートできる美しい家具のような存在のデザインを目指した。(解説/羽田 大利)2016年6月発売  オープン価格

液晶テレビ市場も成熟し、他社と唯一デザイン的に差別化を図る台座のデザインもほぼ出尽くした感がある。そこにスライド及び回転機構による今までにない、一製品で4通りの台座バリエーションを可能にしている。このようにユーザーに自由度を与え、製品の魅力を引き出し、長く飽きさせないデザインの可能性を実現している。(選定委員/長谷川 聡)


As our way of life in a living room is getting more and more diversified, there is more need for a TV that would adapt various kinds of spaces, activities, and styles. However, the installation situations as well as TV tables and peripheral devices vary with the individual. Therefore, we suggest a variable TV stand that allows users to choose the appropriate style according to the environment: those who want to install a TV spaciously on a rack with a sound bar can use wide stand, while those who do not have enough space can alter the attachment position of the stand for compact storage of a TV. Its slim and narrow metal frame accentu-ates the 4K super high resolution, as well as emphasizing its presence as an inte-rior item. We aimed to create beautiful, furniture-like design that can be coordina-ted with one’s interior. (Description / Hirotoshi Hada) Launch Year / 2016

As the LCD television market has matured, the design of the base, which used to be one of the only ways that brands to identify themselves, has also been exhaus-ted. The sliding and spinning mechanism allows for 4 types of bases to be possible. In this way, it gives the user more freedom to choose, brings out the best in the product itself, and allows for a design that will continue to grasp our attentions. (Selection Committee / Satoru Hasegawa)