JIDA Museum Selection vol.18
 

水なし自動調理鍋 ヘルシオ ホットクック KT-HT99A

Product 水なし自動調理鍋 ヘルシオ ホットクック KT-HT99A
Electric Waterless Cookware HEALSIO HOTCOOK
Model number KT-HT99A
Manufacturer シャープ株式会社
SHARP CORPORATION
Designer 健康環境)デザインスタジオ
松島 貴史
TAKASHI MATSUSHIMA
HEALTH AND ENVIRONMENT SYSTEMS BUSINESS UNIT DESIGN STUDIO
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

おいしくて健康的な料理を手軽に作れる「ヘルシオ」シリーズ。そのヘルシオのラインナップに、「煮る」調理機器を加えました。業界初の水を使わず、火を使わず、健康的な「水なし調理」が手軽にできる電気調理鍋です。タイミングが難しいかきまぜやコツがいる火加減も自動でコントロールするので、おいしくて健康的なごちそう料理が簡単に作れます。両手でしっかりとホールドできる「鍋」の記号を取り入れながら、彫りの深い造形を施すことにより、道具感あふれるデザインを目指しました。ヘルシオのブランドカラーである本体の赤は、おいしい仕上がりへの期待感を高めます。(解説/福田 江貴)2015年11月発売 オープン価格

ヘルシオシリーズの水なし調理用として自動化された調理鍋である。素材の水分を活用して主に調理するので、素材本来のおいしさが味わえる。調理中のかきまぜや火加減も自動コントロールするのでユーザーに難しさを感じさせない配慮の行き届いた設計である。なによりも圧力鍋のイメージを上手く生かしたデザインが魅力的な製品である。(選定委員/上田 幸和)


The “HEALSIO” series enables easy and healthy cooking. A new addition has been made to the series: a cooking tool specifically for “simmering”. It is the first of its kind in the industry, this electric cooker does not require water or fire, and makes healthy “water-less” cooking easy. It also automatically controls stirring and heat adjustments, enabling easy preparation of delicious and healthy meals. With the iconic and easy-to-hold shape of the pot, a deep, sculpted form, the design was intended to make the product seem very much like a tool. The red, the brand color of HEALSIO, heightens our expectations for delicious results. (Description / Kohki Fukuda) Launch Year / 2015

This is an automated cooking pot from the HEALSIO series that does not require water. It uses the moisture from the ingredients to cook itself, which brings out the natural taste of the ingredient. It is designed with great consideration for the user, controlling the stirring and heat while cooking, making it easy for anyone. Above all, the design is attractive, taking advantage of the image that a pressure cooker already has. (Selection Committee / Yukikazu Ueda)