JIDA Museum Selection vol.18
 

NSX

Product NSX
NSX
Model number
Manufacturer ホンダ
Honda
Designer 株式会社 本田技術研究所 4輪R&Dセンター
後藤 純/エクステリアデザイナー、 山崎 雄一/インテリアデザイナー
Honda R&D Co., Ltd. Automobil R&D Center
Jun Goto / Exterior Design Yuichi Yamazaki / Interior Design
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

NSXをデザインすることはHondaのブランドアイコンを再びデザインすることを意味する。「人間中心」というHondaのデザイン哲学をもとに高い次元のパフォーマンスと快適性を併せ持ち、サスティナブルな環境性能を実現するということがこの車が世に問うメッセージである。この「全く異なる概念を編み合わせひとつにすること」を‘Interwoven’と呼びスタイリングテーマとしている。ハイパフォーマンスを訴える低くダイナミックなプロポーションには高い空力性能や軽量化に寄与する機能性を持たせている。室内は、視認性と高い操作性を持たせ新しい機能と快適性を追及した。(解説/本田技術研究所  4輪R&Dセンター デザイン室  山崎 雄一)

炭素繊維や超高度鋼板による軽量化、ハイブリッドモーターによる動力性能の向上などスーパースポーツカーにふさわしい性能を実現。外観は緻密にしてシンプルなデザインである。切れ長で鋭い印象のランプまわり。低い位置に大きく開口したメッシュ加工のグリルなどの走りを予感させる造形から、26年ぶりのフルモデルチェンジへの意気込みがうかがわれる。(選定委員/武正 秀治)


To design NSX means to re-design a brand icon of Honda. This car delivers a mes-sage about the creation of sustainable environmental design, based on Honda’s philosophy of “human oriented design”, combining a higher level of performance and comfort. The idea of integrating different concepts together is represented in the word ‘Interwoven’ as the theme of its styling design. Dynamic and low clea-rance proportion provides the functionality that would attribute to high aerody-namic performance and weight minimization. We pursued a new function and comfort for the interior, providing high visibility and operability. (Description / Honda R&D Co.,Ltd. Automobile R&D Center, Yuichi Yamazaki)

This car achieved functions deserving of super sports cars, such as weight saving through carbon fibers and ultra-advanced steel plating, and improvement of movement through hybrid motors. The exterior has a fine and simple design. The lamp area is pointed and gives a sharp impression. The form, such as the low positioned grill with its mesh finish that makes one feel the speed, and shows the enthusiasm towards the full model change taking place for the first time in 26 years. (Selection Committee / Hideji Takemasa)