JIDA Museum Selection vol.16

ボーズ・クワイアットコンフォート20/20i アコースティックノイズキャンセリングヘッドホン

Bose® QuietComfort® 20/20i Acoustic Noise Cancelling® headphones

Manufacturer

ボーズ株式会社
Bose Kabushiki Kaisha

Designer

ボーズデザインセンター, ボーズコーポレーション
Bose Design Center, Bose Corporation

※画像はクリックすると拡大します。

Boseのノイズキャンセリングヘッドホンの歴史は1978年から始まった。Bose社の創設者であるアマー・G・ボーズ博士が、出張先のヨーロッパからの帰りの便で、ヘッドホンを使って音楽を聴くのを楽しみにしていたところ、飛行機のジェットノイズで音楽が台無しになっていることに落胆。その後、着陸までの間にノイズを軽減させる数式を書き出し、研究に着手したことがきっかけとなる。以後、多くの歳月と5千万ドルを費やし、研究と開発を重ね、86年にプロトタイプを開発、無着陸で世界一周を達成したボイジャー号ではパイロットが使用。以降F1チームのクルーや軍用にノイズキャンセリングヘッドセットなど提供し、89年にはパイロット向けの業務用ノイズキャンセリングヘッドセットを市販化するに至る。クワイアットコンフォート20/20iは、30年以上にわたり研究開発を重ねてきた独自のノイズキャンセリング技術をさらに進化させ、いつでも気軽に使えるインイヤータイプでありながらも、圧倒的な消音性能を実現。快適さ、装着安定性、遮音効果、そして音響性能が高次元で融合した製品である。(Dr. Amar G. Boseは、2008年 発明家殿堂財団による世界的発明家の偉業を称える殿堂のメンバーに選出された)

(解説/ボーズ株式会社 マーケティング本部 ブランドマーケティング部 )

2013年6月発売 価格 \30,000(税抜)


選定委員解説文

カナル型ともまた違うこのイヤホンは、耳の構造を研究尽くされた結果、遮音と密着感を高めている。本器使用時、ノイズキャンセリング機能にスイッチを切り替えた途端、静寂な澄み切ったところに心地よい音楽が飛び込み、申し分のないこだわりだ。1964年創立、音質の追及から半世紀、BOSE-101スピーカーは大ベストセラー、そのDNAがこの小さなものから耳元で囁き始めている。

(選定委員/横内 富義)