JIDA Museum Selection vol.16

サスティー

sustee

Manufacturer

キャビノチェ株式会社
Cabinotier CO.,Ltd

Designer

中林 鉄太郎
Tetsutaro Nakabayashi

※画像はクリックすると拡大します。

『木は水で枯れる』…鉢植え植物を枯らせてしまう原因の多くは、水を与え過ぎによる根腐れである。植物毎に適した水やりのタイミングを掴むことは、水やり3年と形容されるほど簡単ではない。電池を使わず、さすだけで鉢の中の水分量を目で確認できる水分計の「sustee(サスティー)」は、2013年に誕生したベンチャー企業であるキャビノチェが、そうしたニーズを満たすミニマムな製品の提供を目的に企画開発された。「sustee」はポリカーボネートの細軸で長尺な本体の中に、不織布でつくられたリフィルを格納する部品構成となっている。水やりから要求される機能をミニマムな構成で実現できた背景には、ボールペンなど筆記具の製造技術が経験豊富な都内の企業とのコラボレーションがあったからである。鉢植え植物の観賞用や贈答用市場は世界的に見ても小さくない。誰にでも容易に使い方が理解できる水分計により、多様な植物を愛で、鑑賞や育成するライフスタイルを広げ、より豊かなものとするための期待を込めた製品とデザインとなっている。

(解説/ 中林 鉄太郎)

 2014年 2月15日発売  価格 \1500(代表価格帯)


選定委員解説文

メーカーとしての立ち位置を強く印象づけるこの商品には、単に資本主義に基づく物質の売買だけではなく、その先にある顧客への想いと、顧客が育てている植物への愛着をリスペクトするものであろう。これからの“ものづくり日本”のスタイルとして、環境への配慮や資源の有効活用の観点からも、広く海外へも普及して行く事を期待してやまない。

   (選定委員/谷村 秀)