JIDA Museum Selection vol.16

RICOH THETA

RICOH THETA

gold

Manufacturer

株式会社リコー
Ricoh Company, Ltd.

Designer

株式会社リコー 開発プロセス革新本部 総合デザインセンター 百瀬 明、諸星 博、河 俊光 株式会社トライアンド
Akira Momose, Hiroshi Morohoshi, Toshihiko Kawa, Corporate Design Center, Engineering Process Innovation Division, Ricoh Company, Ltd. TRIAND Inc.

※画像はクリックすると拡大します。

【全天球イメージという新しい映像体験とコミュニケーション】 RICOH TEHTA(リコー・シータ)は全天球イメージをワンショットで撮影し、本体とスマートフォンの連携により簡単に全天球イメージをネット上でシェアできる新しい映像コミュニケーションツールです。 撮影方法は露出もカメラの傾きも気にすることなく、ワンクリックするだけです。全天球イメージにはコメントやGPS位置情報を付加できますし、画像を見る人はスマートフォンやPCなどで画像のどの部分に注目しどうのようなアングルで見るかを自由自在に動かしながら変更することができます。また、全天球イメージはSNS(FaceBook/Twitterなど)へ簡単に投稿できるので、すぐにコミュニケーションが始まります。その一連の操作性はシンプルで、年齢や撮影スキルに関わらずより多くの方々にご使用いただけるようにデザインしています。

(解説/ 佐々木 智彦 )

2013年 11月発売  価格\43,740(代表価格帯)

 


 

選定委員解説文

画期的なカメラである。旅先の風景や遠隔地の場所を丸ごと手に入れたような楽しさが手軽に体験出来るのでユーザーに新しい視覚を提供するツールと言える。小型軽量でスマートなデザインも美しく、専用ストラップを付けて気軽に持ち歩けるのも魅力的なポイントである。期待以上の感動と臨場感を見せてくれる魅力的な製品である。

(選定委員/上田幸和)