JIDA Museum Selection vol.17
 

エッジクロック

Product エッジクロック
Edge Clock
Model number
Manufacturer 株式会社 タカタレムノス
TAKATA Lemnos Inc.
Designer 安積 伸・安積 朋子
Shin Azumi・Tomoko Azumi
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

富山県高岡市の地場産業として発達した砂型鋳造の技術を用いたアルミニウムの掛け時計です。読みやすく、確かな存在感を持つデザインとなる事を心がけました。
大判で平滑な面、外周から指標へと続く薄く深い造形など、通常の砂型鋳造では困難とされるディテールを敢えて採用することで、技術の限界とデザイン表現が肉薄したものとなるよう意識しました。また鋳肌にサンドブラストされた表情は、強い素材感をもった壁面(例えばコンクリート打放しなど)に掛けても見劣りのしないものとなっています。さらに、エッジの端面を磨き、鋳肌とのコントラストを与えるなど、砂型鋳造アルミのプロダクトとして、素材の魅力を最大限に引き出すことを心がけました。(解説/ 安積 伸)

2002年  2月発売  大:¥20,000  小:¥12,000(税抜)

メーカーがある富山の地場産業によるアルミニウム一体鋳造の壁時計である。時計の円形輪郭線と、円を12分する時間表記線を同幅の線で一体化し、エッジとして立ち上げている。デザインを最小限に、技術は最大限に活用し、サンドブラスト及び塗装された本体から、最後に磨き出されたエッジは実に美しく正に Edge Clock である。(選定委員 / 長谷川 聡)


It is an aluminum clock made with sand casting technology, which developed as a local industry in Takaoka, Toyama Prefecture. A strong presence and easy readability were the most important factors considered in designing this clock.We adopted a design that is normally difficult in sand casting, such as a large and smooth surface,flat yet thick modeling that frame the periphery to the index, testing the limitations of technology and threshold of design. The results from sandblasting in casting surface look as impressive as the surface of strong materials, such as exposed concrete. Furthermore, we brought out the beauty of the material as much as possible by polishing the edges, creating a contrast between the casting surface and the edge. (Description / Shin Azumi) Launch year / 2002

It is a wall clock made with monoblock aluminum casting technology, the local industry of Toyama, where the manufacturer is located. The circular outline of the clock and the time notation line that divides the circle into 12 parts are integrated with the lines of the same thickness, sterically erected as an edge, While it has a minimalistic design, the technology behind it is very complex and advanced. From the sandblasted and painted body to the polished edge, the beautifully-finished piece truly holds up to its name as”Edge Clock.” (Selection Committee /Satoru Hasegawa)



※セレクションVol.17のトップページへ>>