JIDA Museum Selection vol.17
 

ロボットスーツHAL®

Product ロボットスーツHAL®
Robot Suit HAL®
Model number
Manufacturer CYBERDYNE株式会社
CYBERDYNE,Inc.
Designer 山海 嘉之、高間 正博、新宮 正弘、原 大雅
SANKAI Yoshiyuki, TAKAMA Masahiro,
SHINGU Masahiro, HARA Hiromasa
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

ロボットスーツHAL®は、身体機能を改善・補助・拡張・再生することができる世界初のサイボーグ型ロボットです。HALは装着することで脳から神経を通じて筋肉に伝わる微弱な生体電位信号を皮膚に貼り付けたセンサーで検出し、装着者が考えた通りの動きをアシストします。HAL医療用下肢タイプについては、身体に障碍がある人の機能改善を促進する世界初のロボット治療機器として日本及び欧州で医療機器として承認・認証されています。このほか、ベッドに寝たままでもトレーニングができる小型で軽量な単関節タイプや、腰に装着することで介護現場や工場などでの重作業による腰部負荷を低減することができる腰タイプなど、様々な製品を展開しています。(解説/ CYBERDYNE株式会社) HAL医療用(下肢タイプ)欧州モデル:2013年 8月発売
HAL自立支援用(単関節タイプ):2015年 2月発売
HAL介護支援用(腰タイプ):2015年 3月発売
価格:レンタル(契約期間及び契約台数による)

本製品3種は、装着者の身体とロボットを機能的に一体化させることに成功した世界初のサイボーグ型ロボット技術が搭載されている。小型・軽量化が進み装着ロボットではかなり洗練されたデザインになっており、装着した姿は違和感のないレベルまで仕上っている。医療・福祉・介護関係施設への展開にとどまらず、将来的には一般家庭への普及も期待できる。(選定委員/伊奈 史朗)


The Robot Suit HAL® is the world’s first cyborg-type robot that is able to improve, support, expand, and regenerate physical functions. HAL detects faint bio-electrical signals from the brain to the muscles through sensors that are attached to the skin. By detecting these signals, HAL assists the wearer’s movements according to the their thoughts. HAL is the first robot therapeutic device in the world to have been approved/certified for medical use in Japan and Europe, helping people with disabilities in their body improve their physical functions. There are many types available, such as a compact lightweight type for bedridden patients, as well as a type that attaches to the waist to alleviate lower back stress loading, for nursing-care or construction work. (Description / CYBERDYNE,Inc.)
HAL for Medical Use (Lower Limb Type) European model Launch year /2013 HAL for Living Support (Single Joint Type) Launch year /2015
HAL for Care Support (Lumbar Type) Launch year /2015

These three products are the first of their kind in the world to functionally integrate the wearer’s body with robot. Developments to downsize and reduce weight have allowed for a more sophisticated design that looks very natural and comfortable when worn. In addition to their use in medical, welfare, and elderly care facilities, they show great promise for their availability in regular households in the near future. (Selection Committee / Shiro Ina)



※セレクションVol.17のトップページへ>>