JIDA Museum Selection vol.17
GOLD SELECTION

S660

Product S660
S660
Model number
Manufacturer ホンダ
Honda
Designer 株式会社 本田技術研究所 四輪R&Dセンター
杉浦 良/エクステリアデザイナー
稲森 裕起/インテリアデザイナー
Honda R&D Co.,Ltd. Automobile R&D Center
Ryo Sugiura / Exterior Design
Yuki Inamori / Interior Design
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

スポーツカーが持つ魅力の一つにデザインは不可欠だろう。いくら走行性能がよくても、デザインが気に入らなければ魅力あるスポーツカーとは言えない。S660は軽自動車のサイズで、いかに伸びやかで低重心に見せるかがスタイリングの鍵となった。まず流麗で伸びやかな基本骨格を構築するため、ボディをキャビンと一体化した紡錘形とし、動きを前後長手方向に感じさせた。 またボディサイドを貫くキャラクターラインは3次元にウェッジさせ、伸びやかさを強調しながら立体感と躍動感も同時に表現させている。また前後灯体もスタイリングに大きく影響している。ボディコーナーを大きく回り込んだ端末部はワイド感を強調し、さらに各灯具のLED化により薄くシャープなデザインが可能となった。一方、室内空間は全ての操作系インフォメーションがドライバーを中心にレイアウトされ、機能的で無駄のないコックピットデザインを追求。さらに各パーツの素材とフィニッシュにも拘り、機能性と質感を高次元で両立させている。(解説/株式会社 本田技術研究所 四輪R&Dセンター デザイン室 杉浦 良)

軽自動車という限られた枠の中に、ドライビングの楽しさを高度に具現化し、これまでにない大胆な造形を取り入れた、世界のカーデザインの中で見ても独自の個性あるモデルであり、モデリング技術の高さを感じる。またインテリアも着座位置からの視点が低く、適度なタイトさでスポーツカーらしさを選出している。(選定委員/斎藤 和彦)


Design is an essential element for sports cars. No matter how good its performance is, if the design is unappealing,you cannot say that it is an attractive sports car. The key to designing S660 was keeping a low center of gravity, within the compact measurements. First, in order to build a slick basic skeleton, the spindle shape was utilized to integrate the body and cabin. This gives the feeling of longitudinal movement from the front to the rear. By wedging the character line three dimensionally through the body, emphasizes the carefree design, while also creating a stereoscopic and dynamic effect. The front and rear lamp is also a big feature that significantly impacts the design.Terminal part that wraps around the corner also emphasizes its width, while a more thin, sharp design becomes available by converting the lights to LED. The car interior, on the other hand, was designed with the operation system arranged around the driver to pursue a functional and efficient cockpit design.Special focus was put into the materials and finish of each part,successfully achieving a high quality in both functionality and texture. (Description / Ryo Sugiura)

It is a unique model even in the world of car design that implements unprecedented, daring modeling, and it successfully embodies the enjoyment of driving in the limited frame work of mini-vehicles,which feel exemplifies advanced modeling techniques. The seated position gives a low point of view, and the comfortable tightness gives it a very sports car-like feel. (Selection Committee / Kazuhiko Saitoh)



※セレクションVol.17のトップページへ>>