JIDA Museum Selection vol.17
 

ヴェルト セレンディピティー

Product ヴェルト セレンディピティー
VELDT SERENDIPITY
Model number
Manufacturer 株式会社ヴェルト
VELDT Inc.
Designer 株式会社ヴェルト
takram design engineering
VELDT Inc.
takram design engineering
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

VELDTは利便性と引き換えに現代人がテクノロジーによって失っているものを取り返す事をミッションとしている。VELDT初のウェアラブル製品「SERENDIPITY」はスマートフォンに目を奪われて失っている周囲への配慮や危険察知能力を取りもどすために「画面を見ない時間を創り出す」事をコンセプトとした。画面から視線を上げ、周りに見つかる新しい発見こそ「SERENDIPITY」の名前の由来である。アナログ文字盤に埋め込まれたLED「Vivid Loop」はネットからの重要な情報を直感的に美しく表示し、ファッションとしても成立する希少なウェラブルとなっている。時計としての美しさと振る舞いの美学を両立したユニークな作品。(解説 / 野々上 仁)

2014年12月発売 ¥108.000円(モデルR・税抜き) 2015年8月発売 ¥168,000円(モデルV・税抜き)

「VELDT SERENDIPITY」は、腕時計本来の魅力を保ちながら スマートウォッチの機能と新しさを表現した形として、スマートウォッチのデザインにおける新たな可能性を示したエポックメイキングな製品である。今後のバリエーション展開が楽しみである。(選定委員 / 矢島 栄成)


Modern people have lost many things in place of obtaining convenience through technology. The mission of VELDT is to retrieve what was lost. The concept of VELDT’s first product "SERENDIPITY" is to create a time away from a screen, in order for one to regain attentiveness and the capability to perceive dangers in the surrounding, something that has been lost since the advent of smartphone technology. Its name, "SERENDIPITY" comes from the idea that new discoveries are made possible by looking up from the screen and taking in one’s surroundings. This is a unique product that balances the beauty between form and function. The LED embedded in the face of the clock, called “Vivid Loop,” displays important information from the internet and displays it in an intuitively beautiful way. This becomes a wearable device that also holds up as a fashion item. (Description / Jin Nonogami) Launch year / model R : 2014, model V : 2015

While maintaining the natural charm of a wristwatch, "VELDT SERENDIPITY" also presents new functions as smart watch. It is an epoch-making product that shows new possibilities for smart watch design. I look forward to how the variations will unfold in the future. (Selection Committee / Yoshinari Yajima)



※セレクションVol.17のトップページへ>>