JIDA Museum Selection vol.19
 

日産リーフ

Product 日産リーフ
Nissan LEAF
Model number
Manufacturer 日産自動車株式会社
Nissan Motor Co.,Ltd. 先駆性 Pioneer spirit
Designer 日産グローバルデザイン本部
Nissan Global Design Center
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

新型「日産リーフ」は、EVプラットフォームの特性を活かしたクルマ本来の美しい佇まいを狙い、低重心でスリークなプロポーションと優れた空力性能により、走りのダイナミズムと高品質感を実現しています。深みのあるクリアーブルーのフラッシュサーフェイスグリルや、リアバンパーのブルーモールディングが、日産の電気自動車であることを表現しています。インテリアは、空間性と機能性を両立させた、日産ブランドモデルのインテリアデザインテーマである「グライディング・ウイング」を採用し、ウォームで心地よい広がり感ある室内空間と、クールで先進的なインターフェイスが共存するインテリアに仕上げています(。解説/日産グローバルデザイン本部)2017年9月発売¥3,150,360~3,990,600(税抜き)

2代目モデルはEVの課題である連続走行距離を400kmと伸ばし実用性のある乗用車へさらに進化した。デザインはセダンとしての居住性をしっかり守りながら、エアロダイナミックスの流れるようなボディーラインと低重心な造形によって、流麗かつ洗練されたモダンなスタイルに仕上がっている。(選定委員/伊奈史朗)

The new Nissan LEAF is designed to have the beautiful appearance of the primary passenger car while utilizing the characteristics of a fully electric vehicle. With a low center of gravity and a sleek pro le, along with excellent aerodynamics, this vehicle drives dynamically without sacri cing elegance. The  ash-surface grille in clear blue and the rear bumper’s blue molding immediately identify the car as a Nissan EV. The interior design features the “gliding wing”, a characteristic element of Nissan’s interior design, that combines an economical use of space with func- tionality. Furthermore, its interior is warmly designed, relaxing, and spacious, with a stylish and innovative interface. (Description / Nissan Global Design Center) Lau- nch Year / 2017

This second version of the LEAF has been re ned into a practical passenger car by offering a longer battery range of 400 km. By keeping the relaxing interior of its Sedan model, the vehicle is elegantly and  awlessly designed, possessing an aerodynamic bodyline and a low pro le. (Selection Committee / INA Shiro)