JIDA Museum Selection vol.20
GOLD SELECTION

アディダス フューチャークラフト 4D

Product アディダス フューチャークラフト 4D
ADIDAS FUTURECRAFT 4D
Model number
Manufacturer アディダス ジャパン
adidas Japan
Designer アディダス ジャパン
adidas Japan
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

アディダスが17年にわたり蓄積したデータの分析結果を基に、Digital Light Synthesis(デジタルライト合成)テクノロジー*1により光と酸素でつくられた異次元構造の革新的ミッドソールです。次世代3Dプリント技術で製造した超高精度なミッドソールは、入り組んだ細かいグリッドがバネのような推進力を発揮し、広がるグリッドが着地の衝撃を分散、そしてピンと張った高さのあるグリッドが足をシューズの中央に固定し、横方向への動きを正確にサポートします。本品はスポーツ業界の転換点を代表するテクノロジーとして、今後様々な製品への展開も予定しています。(解説/松本 大)

3Dプリンターを使用したメッシュ状のソールは、耐久性、安定性、クッション性などが十分にあり、その造形と性能において革新的である。しかも、このメッシュ構造は圧力などにより変形する。FUTURECRAFTという製品名もそのような経年変化を見据えて名付けたのだろうか。インダストリアルデザインに「時間」という新たな価値を与えたという意味でも一つのエポックになる製品である。(選定委員/石川 義宗)

 

The ADIDAS 4D midsole is printed with light and oxygen, using Digital Light Synthesis, a technology pioneered by Carbon (partnership rst announced in April 2017). Digital Light Synthesis* is a breakthrough process that uses digital light projection, oxygen-permeable optics and programmable liquid resins to print high-performance, durable polymeric products. The process uses data to translate the needs of a performance category, and eventually individual athlete or consumer, with the required movement, cushioning and stability directly in to a midsole.
(Description / MATSUMOTO Dai)

This 3D-printed sole with a knitted-mesh form is well crafted with long-lasting stability and cushioning. It is innovative in its shape and performance. The knitted-mesh structure deforms as pressure is applied to it. It is possible the product name, FUTURECRAFT, was named after this “deformation” over time. This product could be the herald of an epoch in which “temporality” becomes an important within the eld of industrial design.
(Selection Committee / ISHIKAWA Yoshimune)

 

 

*1:当社とのパートナーシップを持つCarbon社の、独自の光反応プロセスとプログラマブル樹脂の成形において光と酸素を制御し成形品の高速製造を実現する革新的な3Dプリンティング技術。

* : a breakthrough 3D printing/additive manufacturing process pioneered by Carbon (Science, 2015). It controls light and oxygen with their own digital light process and programmable liquid resin molding, and allows the production speed up to 100 times faster than other 3D printing and additive manufacturing processes.