JIDA Museum Selection vol.20
 

フリーパワー FG1

Product フリーパワー FG1
FREE POWER FG1
Model number
Manufacturer 株式会社 FREE POWER
FREE POWER CO., LTD.
Designer 株式会社OSCサイクル 金子 哲也
OSC Cycle Co., Ltd. KANEKO Tetsuya
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

 「シリコーンの力で自転車がもっと楽しくなる!」 FREE POWER FG1は、ギアクランク内部にシリコーンを装着した世界初の自転車用ギアクランクシステムです。ペダルを踏み込む力で内部のシリコーンを圧縮させ、その反発を推進力に変換させながら、同時に足の筋肉や骨に与える衝撃を吸収することで、体への負担を軽減します。自転車としての乗り心地やペダリングの楽しさにもこだわり、3種類のシリコーン硬度を用意することで、ユーザーの踏力や使用環境に合わせたセッティングをお選びいただけます。 自転車パーツとしての汎用性や車体デザインとのマッチングも考慮しながら、 独自の内部構造をトレースして生まれた中央部の形状が、 このギアのアイデンティティとなります。(解説/金子 哲也)2018年3月発売 ¥10,000(税抜き)

 

自転車の電動化の流れの中で、自転車本来の機械仕立ての構成の中で、ギアに着目し、世界初の画期的なギアシステムを開発デザインし、従来の自転車にも装填可能とし、電動アシスト自転車とは異なる発想でパワーを生み出している。従来のシステムにシリコーンゴムを組み合わせ、そのゴムの反発力を推進力に変換している。本体形状も美しい機能美を創造している。(選定委員/長谷 高史)

 

“Your ride will be much more fun with the power of silicone!” FREE POWER FG1 is the world’s rst crankset-system whose inner gear crank is mounted with silicone. It will ease the burden on the rider’s body when the silicone is compressed by the power of his or her step upon the pedal. The silicone absorbs the shock applied to the muscles and bones of the feet. We considered the comfort and pleasure of riding by using 3 types of silicones, which can be switched between according to the pedaling force of the rider and the riding environment. The form of the central component is the gear’s visual identity, which is designed based on the internal structure of the traditional crankset, making it suitable for general use as a bicycle part or for any body design. (Description / KANEKO Tetsuya) Launch Year / 2018

 

Amid the trend of motorized bikes, the designers have focused on the gears and developed the world’s first innovative crankset-system that can be mounted on conventional bicycles. It produces power that is created from a different idea as electric bicycles. By combining silicone rubber with the traditional system, it converts the repulsive force of the rubber into propulsive force. The form of the crankset itself is also created with functional beauty. (Selection Committee / NAGATANI Takashi)