JIDA Museum Selection vol.20
 

i+

Product i+
Model number
Manufacturer 株式会社イトーキ + 株式会社インターオフィス
ITOKI Corporation + inter.of
Designer 寺田 尚樹
TERADA Naoki
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

i+は「お客様が自ら空間をより豊かに使いこなし、充実した環境を実感する場の実現」を希求したオフィスファニチャーブランドです。国内オフィス家具メーカーのイトーキと、ヨーロッパの家具を紹介することによってオフィス空間の快適性に貢献してきたインターオフィスの2社が今までにない空間体験を誂えるために恊働で設立しました。i+の<i>は両社のイニシャルであり、<individual><I>など、さまざまな<i>に置き換えることができます。新しい価値をプラスすることによって、既成概念にとらわれることなく、オフィスをはじめ、住宅や公共施設など多様なライフスタイルやワークスタイルに適うプロダクトを提供することが実現しました。(解説/イトーキ+インターオフィス)2016年1月発売 ・ホワイトボード:¥164,000~(税抜き)

 

究極にシンプルなフォルムを実現させたファニチャーブランド「i+」。金管楽器のような機能を突き詰めた合理的なフォルムから着想を得たという商品群は、まさにオーケストラのように空間を美しく奏でている。配線の取り回しやキャスター等のパーツへの拘り、コンセプチュアルなカラー展開に至るまで、デザインの先進性も然ることながらノイズを排除した設計で豊かなシーンを生み出している。(選定委員/秋山 かおり)

 

i+ is an office furniture brand, pursuing the realization of workspaces where customers can efficiently utilize space and enhance the productivity of the work environment. The i+ brand was established with the collaboration of ITOKI Corporation, a Japanese domestic furniture company, and inter office Ltd., a distributer of European furniture for Japanese offices. The “i” of i+ brand is the initial of both companies, but also stands for the “individual” or the pronoun “I”. The “+” after the “i” emphasizes the new values we bring to conventional concepts of working spaces. Our products are suited to the diverse life- and working-styles in office spaces, but also at home and in public facilities. (Description / ITOKI + inter office) Launch Year / 2016

 

The company i+ has achieved the purest forms for its furniture. Their inspiration was the brass instrument, and one sees this inspiration even in the furniture’s functionality. Indeed, their products play beautifully together in space, like an orchestra. The designers have paid attention to the details, such as cables and wheels, and the way the conceptual color schemes can innovate design. They are creating productive, harmonious working spaces. (Selection Committee / AKIYAMA Kaori)