JIDA Museum Selection vol.22
GOLD SELECTION

ARAS 大皿ウェーブ カトラリーセット

Product ARAS 大皿ウェーブ カトラリーセット
ARAS Wave plate (large), Cutlery set
Model number ARAS
Manufacturer 石川樹脂工業株式会社
Ishikawa Jyushi Co.,Ltd.
Designer secca inc.
secca inc.
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

素材の力を最大限に引き出し、これまでにない食器のカタチを実現することで、より良い食体験を届けたいという想いからARAS(エイラス)は生まれました。大皿ウェーブは、樹脂製品に多く見られる無機質な造形とは対照的で、プレートの表面にある波形状の凹凸を表現することで、ソースのあるお料理がお皿全体に流れ出さず、焼きたてのパンを置いても蒸れにくいようにデザインされています。カトラリーは、新素材にすることで金属独特の味や匂いを無くすことに成功しました。また、口先を限りなく薄くすることで、カトラリーの存在感を極力無くし料理をより美味しく感じる設計にしています。(解説/河上 詠子) 2020年2月発売 大皿ウェーブ ¥3,000(税抜き)/カトラリーセット ¥3,600(税抜き)

 

ガラスとトライタン樹脂を組み合わせた新素材からなるプラスティック製のARASは今後の新たな食器のスタンダードに成る可能性を高く秘めた製品であろう。現代のもの作りに於いて欠かす事が出来ない循環型生産をビジョンに掲げ、限りある資源を最大限に生かす事が出来るメーカーが、グローバルに形成されてゆく市場を牽引していく事は間違い無く、ハイレベルでのブランドの存在意義を提示し具現化している点を評価している。(審査委員/谷村 秀)

 

ARAS was created with the idea of "delivering a better eating experience by producing unprecedented tableware that maximizes the characteristics of materials." The approach we took for modeling of the large plate Wave was to give it a shape that contrasts with the lifeless shapes found in many resin products. The wavy unevenness on the surface of the plate was designed to prevent sauce in the dish from flowing throughout the plate, and also to keep freshly baked bread from getting steamed. The new material successfully eliminated the taste and ordor of metal. The design was to minimize the cutlery's presence so that the dish would taste more delicious.  (Description / KAWAKAMI Eiko)  Launch Year / 2020

 

Made of a new material that combines glass and Tritan resin, the plastic tableware ARAS has a great potential to become a new standard for future tableware. A manufacturer who can maximize limited resources, with a vision of circular production, indispensable in modern manufacturing, will undoubtedly lead the global market, and it is commendable to present and embody the raison d'être of the brand at a lofty level.  (Selection Committee / TANIMURA Shigeru)