JIDA Museum Selection vol.22
 

プラスティシティ

Product プラスティシティ
PLASTICITY
Model number
Manufacturer 株式会社モンドデザイン
MONDO DESIGN co.,ltd
Designer 齊藤 明希
SAITO Aki
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

日本では1年間で消費されるビニール傘の大多数の8,000万本の傘が廃棄されていると言われ、分解のしにくさからリサイクルが難しく、多くが埋め立て処理や焼却処分されています。そのリサイクルが難しい素材を使い、製造工程にも可能な限り環境負荷のかからない方法を模索し、たどりついたのが傘の素材が持つ防水性や汚れに強いなどの良い特性を残して、特殊な技術により幾重にも重なる層に圧着をするという方法です。国内職人の手によりひとつひとつに人間の感覚と想いを込めながら、PLASTICITYの製品へと生まれ変わります。(解説/堀池 洋平)

2020年4月発売  トートバッグ ラージ ¥13,000(税抜き)

2020年4月発売  トートバッグ スモール ¥10,000(税抜き)

2020年4月発売  サコッシュバッグ ¥8,000(税抜き)

2020年9月発売  マルチショルダーケース ¥6,700(税抜き)

 

プラスチックの環境問題が叫ばれる中、日本では年間8,000万本のビニール傘が破棄されているという。その課題に正面から立ち向かい、新たな技術で、破棄されたビニール部分を何層にも重ねプレスした素材を生み出した。その表情も独特の個性を生み、作られるバッグの一つ一つが異なる表情になるところも魅力である。製造工程へのこだわりもあり、国内の高い技術力のある職人の技術を活かすことで、技術の活用継承への視点も感じられる。(審査委員/藤本 英子)

 

It is said 80 million vinyl umbrellas, the majority of its consumption, are discarded each year in Japan. Most of them go to a landfill or are incinerated since the material is hardly decomposable and difficult to recycle. We searched for a method to utilize this material that would not burden the environment during the manufacturing process and finally found a unique technique to crimp multiple vinyl layers

without losing the material's good characteristics, such as resistance to water and stain. With human senses and feelings infused by the hands of domestic craftsmen, the umbrella material was reborn as PLASTICITY. (Description / HORIIKE Yohei)  Launch Year / 2020

 

Amidst the plastic pollution problem, 80 million plastic umbrellas are discarded annually in Japan. Facing this issue head-on, a new technology has created a material made of pressed layers of discarded vinyl parts. One of the charms of this bag is that each one has a unique look. Their focus on the manufacturing process and making the most of the highly skilled domestic craftsmen, suggests the intention to pass down technological inheritance. (Selection Committee / FUJIMOTO Hideko)