JIDA Museum Selection vol.22
 

ストン

Product ストン
ston
Model number
Manufacturer BREATHER株式会社
BREATHER Inc.
Designer NOSIGNER
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

stonはひと休みをアップデートするために生まれたブリージングデバイスです。「ひと休みをアップデートする」というコンセプトからデザインし、極限まで小型化し、パーティングラインをつけず、ボタンも配置しないなど、新しい体験がユーザーの生活に如何に自然に馴染むかを徹底的にこだわりました。自然の中に溶け込むデバイスを目指し、河原にある小石をモチーフにした筐体は左右非対称の楕円形をしています。内部に四角い電子部品を収める構造上、無駄な空間を生まないように設計し理想とするサイズ感を実現することは、非常に難易度の高いハードルでした。幾度も試作を繰り返した末に、ようやく理想とする形状を実現し量産化に成功しました。(解説/菅沼 辰矢、御神村 友樹) 2019年12月発売 ¥6,000(税抜き)

 

全く新しい休憩体験を生み出す「吸うカフェイン」を製品化する新しいスタートアップが生まれ、誕生したのが“ston”である。プリミティブなフォルムでもある石を模したその形は、どこか懐かしさを感じるスタイルに仕上げられつつ、パーティングラインを無くす事でより自然物に見えるように設計された工法を高く評価している。嗜好品でもあるタバコの領域を超えた健康的な休憩体験を生み出す精神はある意味、新たな社会的意義にも繋がるものであろう。(審査委員/谷村 秀)

 

ston is a breathing device created to update your break. Designed from the concept of “updating a break,” we have thoroughly focused on how the new experience fits naturally into the user’s life, such as by minimizing its size with no parting lines and buttons. Aiming to be a device that blends into nature, the housing has an asymmetrical oval shape with the motif of pebble on a riverbank. Because of

the structure that accommodates the square electronic parts inside, it was a very difficult challenge not to create wasted space to realize the ideal size. After repeating trial production, we finally achieved the ideal shape and succeeded in mass production. (Description / SUGANUMA Tatsuya, MIKAMURA Tomoki)  Launch Year 2019

 

“ston” was born as a new startup that commercializes “inhaling caffeine” to create an entirely new break experience. Its primitive shape, which imitates a stone, is finished in a style that feels nostalgic, and the crafting technique that eliminates a parting line for a more natural look is highly appreciated. In a sense, the spirit of creating a healthy break experience that goes beyond the realm of tobacco as an indulgence, will gain new social significance. (Selection Committee / TANIMURA Shigeru)