JIDA Museum Selection vol.22 Special
特別選定
 

■特別選定■ 東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレートーチ

Product ■特別選定■ 東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレートーチ
Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Torch
Model number
Manufacturer 公益財団法人 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games
Designer 企画・デザイン:吉岡徳仁デザイン事務所 トーチ筐体:株式会社UACJ押出加工 素材:株式会社LIXIL 燃焼機構:新富士バーナー株式会社 燃料・燃料ボンベ:ENEOSグローブ株式会社
Planning and design : TOKUJIN YOSHIOKA INC. Body of the torch : UACJ Extrusion Corporation Material : LIXIL Corporation Combustion mechanism : Shinfuji Burner co., ltd. Fuel / fuel tank : ENEOS GLOBE Corporation
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

「特別選定」について

JIDAデザインミュージアム本来の活動意義に基づき、歴史を記述するに相応しいモノ(作品・製品等)を選定し、デザイン史の一端を形づくろうとするものです。その主旨に沿い、市販された製品の選定とは別に、公共物や限定生産品などを対象とした「特別選定」を設け、本年はオリンピック・パラリンピック聖火リレートーチが値するとし選定しています。(審査委員/谷村 秀)

 

東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレートーチ

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の聖火リレーで用いるトーチは、日本人にもっともなじみの深い花である桜をモチーフとしています。

東京2020オリンピック聖火リレートーチは、「Hope Lights Our Way/希望の道を、つなごう。」というオリンピック聖火リレーのコンセプトと一体となって、桜の季節の訪れとともに日本全国を巡ります。

東京2020パラリンピック聖火リレートーチは、「Share Your Light/あなたは、きっと、誰かの光だ。」というパラリンピック聖火リレーのコンセプトのもと、パラリンピックに参加し、支え、そして応援する全ての人の気持ちを束ねる象徴となります。

 

伝統と現代技術の融合

日本のかたち、桜紋。聖火リレートーチはその伝統的な形を、新幹線の製造にも使われている製造技術(アルミ押出成形)を用いて形作っています。継ぎ目のない、ひとつなぎのトーチ。日本の伝統と高い技術力がひとつになることで生み出された、東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレーを象徴するかたちです。

 

復興への想いと持続可能性への配慮

聖火リレートーチの素材の一部には、東日本大震災の復興仮設住宅のアルミ建築廃材を再利用しています。人々の生活を見守ってきた仮設住宅が、平和のシンボルとして聖火リレートーチに姿を変え、一歩ずつ復興に向けて進む被災地の姿を世界に伝えます。 ※聖火リレートーチに用いられている再利用アルミの含有率は約30%です。

 

美しく、燃え続ける炎

聖火リレートーチは、聖火のかたちもデザインされています。花びらから生み出された5つの炎は、トーチの中央でひとつとなり、より大きな輝きで「希望の道」を照らします。聖火を灯す燃焼部には、聖火を保ち続けるために、聖火の赤い炎と、火力の強い青い炎、火のない燃焼(触媒燃焼)の3つの燃焼を組み合わせた仕組みが採用されています。

 

すべての人のためのトーチ

聖火リレートーチは、重さや握りの形状にも配慮しています。年齢や性別を問わず、誰にとっても扱いやすいトーチです。

 

About “Special Selection”

Based on the significance of the JIDA Design Museum's original activities, the special selection aims to form a part of the design history by selecting objects (works, products, etc.) suitable for representing the history. Established in line with this tenor, the "Special Selection" covers public items and limited production items in addition to the selection of products sold on the market, and it is worthwhile to select the Olympic and Paralympic Torch this year. (Selection Committee / TANIMURA Shigeru)

 

Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Torch

The torch that will be used for the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Torch Relay has been designed with a cherry blossom motif—a flower close to the hearts of all Japanese people. The Olympic torch will travel across Japan in unison with the concept of the Tokyo 2020 Olympic Torch Relay, “Hope Lights Our Way”, with the arrival of the cherry blossom season. The Paralympic Torch will be the symbol that unites the hearts of every participant in the games, staff involved, and those who cheer for the athletes, under the concept of the Paralympic Torch Relay, “Share Your Light.”

 

A Blend of Traditional and Contemporary Technologies

The shape of Japan — a cherry blossom motif. The Olympic and Paralympic torch has been created in the same manufacturing technology (aluminum extrusion-molded) as the Shinkansen bullet train production. Completely seamless – produced from a single sheet of metal. It is a shape symbolizing the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Torch Relay, created by the unification of Japanese tradition and high technology.

 

Hopes for Reconstruction and Considerations for Sustainability

The torch was made partly with the recycled aluminum construction wastes from the temporary housings built in the aftermaths of the Great East Japan Earthquake*. The housings that had watched over people's lives were transformed into the Olympic torch as a symbol of peace, and it will convey to the world the image of the disaster-stricken areas moving towards reconstruction one step at a time.

※ The content of recycled aluminum used in the torch is approximately 30%.

 

The Beauty of Eternal Flame

The torch is also designed with sculpted flame. Five flames created from flower petals unite in the center of the torch to illuminate the "Path of Hope" with a greater radiance. In order to keep the flame alive, the combustion section, which bears the flame, has a system with a combination of three types of combustion: red flame, blue flame with strong thermal power, and combustion without flame (catalytic combustion).

 

A Torch for Everyone

The weight and grip shape of the torch are designed to be easy to handle for everyone, regardless of age or gender.