JIDA Museum Selection vol.22
 

ワークポッド

Product ワークポッド
WORK POD
Model number
Manufacturer コクヨ株式会社
KOKUYO Co.,Ltd.
Designer 大木 一毅
OKI Kazutaka
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

ウイルス感染拡大防止対策としてリモートワークによる在宅勤務者や取引先とのWeb会議が増えている中で、周囲への音漏れを気にせずに集中できる空間を実現する。「熱感知式消火器付き」タイプは、クローズド環境でありながらも空気の循環に配慮しており、約30秒間毎(圧力透過損失と含まない性能値より算出)に室内の空気を入れ替える換気量を備えている。空間の意匠に馴染むデザインを実現するために、ガラス面を広く取る事で圧迫感を軽減し、複数台並べても美しく納まるフレームデザインを採用した。また内装やソファーの背座を豊富なカラーラインアップから選べ、132通りのデザインが可能。(解説/大木 一毅) 2020年7月発売 価格:工事単位ごとにお見積もり

 

コロナ禍においてオフィス内でも遠隔による会議への対応やソーシャルディスタンスを確保することが求められている中、オフィス家具として個人のスペースを考え、いち早く取り組んだ製品である。ミニマムでありながら囲まれる安心感や集中できる環境と充分な換気性能についても考えられている。内装色のバリエーションも豊富で、室内に配置された明るい木目の天板は、仕事場を離れカフェにでもいるような感覚になれる。(審査委員/齋藤 和彦)

 

In an era when the numbers of remote workers and online meetings are increasing as a measure to prevent the virus’ spread, WORK POD realizes a space to concentrate without worrying about sound leakage to the surroundings. The "heat-sensitive fire extinguisher" type provides air circulation in a closed environment using a ventilation system that freshens the indoor air every 30 seconds (based on the performance value, excluding pressure transmission loss). To achieve a design that fits into the space, we adopted a frame that reduces the feeling of oppression with the wide glass surface and also looks neat when multiple units are lined up. Various colors are available for interiors and sofa backs, totaling 132 different designs. (Description / OKI Kazutaka)  Launch Year / 2020

 

At a time when there is a demand for remote meetings and in-office social distancing due to the Corona virus pandemic, this product was one of the first office furniture that tackled the problem of personal space. Although it is minimalist, it is designed to provide a sense of safety, an environment in which you can concentrate, and sufficient ventilation. It comes in a wide variety of interior colors, and the bright wood-grained tops makes you feel like you are in a café away from work. (Selection Committee / SAITO Kazuhiko)