JIDA Museum Selection vol.23
GOLD SELECTION

日産 アリア

Product 日産 アリア
Nissan Ariya
Model number
Manufacturer 日産自動車株式会社
Nissan Motor Co., Ltd.
Designer 日産自動車株式会社 グローバルデザイン本部
Nissan Motor Co., Ltd. Global Design Center
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

「日産 アリア」は、日産の新しいデザインランゲージと「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術を体現したモデルです。シンプルでありながら力強く、かつモダンな表現で「タイムレスジャパニーズ フューチャリズム」をデザインに反映。先進技術やコネクテッド技術のイメージをデザインで伝えています。低く滑らかなルーフラインが、空気抵抗を感じさせない印象を与え、ダイナミックな佇まいとスポーティーな性格を表現しています。インテリアは、モノとモノの間にある空間や、連続するコトとコトの間の時間を意味する日本語の「間(ま)」をキーワードとしてデザイン。お気に入りのラウンジにいるかのようなシンプルで快適な空間を提供します。
(解説/日産自動車株式会社 グローバルデザイン本部)
B6, B9(2WD/4WD)limited:2022年1月発売 ¥6,600,000~¥7,900,200(税込み)
B6(2WD):2022年3月下旬発売 ¥5,390,000~(税込み)

 

一見して魅了される流麗で美しいエクステリアは、デザインディレクターのアルフォンソ・アルバイザが客観視した日本の伝統美としてシンプルで力強く、機能に見合った個性へと結実している。その美学はインテリアにも踏襲され、すっきりとしたダッシュボードにより想像以上の広さとフラットフロアを実現している。その上、EVとして一充電走行距離470km、CO2排出量ゼロという性能に加え、先進運転支援技術の搭載と至れり尽くせりである。
(審査委員/長谷川 聡)

 

Nissan Ariya is a model that embodies Nissan's new design language and Nissan Intelligent Mobility technology. The design reflects the concept of "Timeless Japanese Futurism" in a simple yet powerful and modern expression. It also expresses the advanced and connected technology visually in its design. The low, smooth roofline gives the impression of its incredible aerodynamic characteristics while representing its dynamic appearance and sporty features. The keyword for interior design is the Japanese word "ma," meaning the space between objects or the time between continuous actions. It provides a simple yet comfortable space as if you were in your favorite lounge.
(Description / Nissan Motor Co., Ltd. Global Design Center) Launch Year / 2022

 

The immediately captivating, elegant, and beautiful exterior is the fruit of the simple and powerful identity that reflects its functionality and the traditional Japanese beauty objectively viewed by design director Alfonso Albaisa. The interior also takes on such aesthetics and realizes a flat floor and a larger than imagined space by incorporating a clean dashboard design. In addition to its performance as an electric vehicle with an estimated range of up to 470 kilometers and zero CO2 emission, it is fully equipped with advanced driving support technologies.
(Selection Committee / HASEGAWA Satoru)