JIDA Museum Selection vol.23
 

■特別選定■ 東京2020オリンピック・パラリンピックメダルケース

Product ■特別選定■ 東京2020オリンピック・パラリンピックメダルケース
Victory Medal Case for Olympic and Paralympic Games Tokyo 2020
Model number
Manufacturer 公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games
Designer 総合企画・木工製造:株式会社 山上木工 デザイン:株式会社SYD 吉田 真也
Planning & Woodworking: Yamagami Mokko INC. Design: SYD INC. (YOSHIDA Shinya)
先駆性
Pioneer spirit
社会性
Social performance
技術革新性
Technology innovation
造形性
Modeling
生活領域/Living areas
事業領域/Business areas
公共領域/Public areas

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のメダルケースには、木製・藍色のメダルケースが採用されました。木材は日本人が古くから親しんできた素材であり、藍色と円形のデザインは東京2020オリンピック・パラリンピックエンブレムに呼応しています。木材には、国産のタモ材が使用され、日本の高度な木工技術と職人の手により、丁寧に仕上げられました。ひとつひとつ異なる杢目は、オリンピック・パラリンピックの多様性を象徴しています。

環境変化に強い材質・デザイン
メダルケースは、メダルとともに様々な気候条件の国や地域に持ち帰られ、大切に保管されます。そのため、温度や湿度による寸法の変化・経年劣化の起きにくさも考慮されています。

ディスプレイ
ケースには、メダルだけでなく、メダルリボンとメダリストピンも収納できます。これらすべてがケース内部で傷ついたり動いたりすることなくコンパクトに収納できるよう、細やかな設計が施されています。ケースを自立させ、飾ることもできます。磁石により、円形のフタと本体が繋がった輪のように開き、メダル本体をケースに収めたままディスプレイすることも可能です。ケースの藍色はメダルの輝きを引き立て、選手の一生の記念となるメダルケースです。

(解説:公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会)

 

日本人が古くから親しんできた藍で染められた木製メダルケース。国産のタモ材を使用し、日本の高度な木工技術と職人の手で、一つずつ丁寧に仕上げられている。スポーツを通した人間育成と世界平和を究極の目的とした世界的なスポーツの祭典であるオリンピックで、日本の歴史やその蓄積を活かし美しく造形にまとめられたこのプロダクトは日本の魅力を伝える秀逸なプレゼンテーションとして高く評価できる。
(審査委員/小宮山 洋)

 

An indigo-colored wooden case was selected as the medal case for the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games. Wood has always been a material familiar to the Japanese, and the indigo color and the round design correspond to the Olympic and Paralympic emblems. It adopts domestically produced Japanese ash wood, and is carefully finished by craftsmen using the advanced woodworking techniques of Japan. The different grain patterns of each piece symbolize the diversity in the Olympic and Paralympic Games.

Material and Design Resistant to Environmental Changes
Medal cases are to be brought back with the medals, to countries and regions with various climatic conditions, to be stored carefully. Thus, the case is designed to resist dimensional changes and deterioration due to temperature and humidity.

Display
The case can hold not only the medal but also the ribbon and the commemorative pin. It is meticulously designed to store all components compactly without damaging nor moving them inside the case. It is also possible to display the case by letting it stand by itself. A magnet allows the circular lid and the body to open like a connected ring, realizing display with the medal itself remaining in the case. The indigo color of the case enhances the brilliance of the medal and makes the medal case a lifelong memento for the athlete.

(Description / The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games)

 

The wooden medal case is dyed with indigo, which has been beloved by the Japanese people. Made of domestically grown tamo wood, each medal case is carefully hand-finished, one by one, using advanced Japanese woodworking techniques. The Olympic Games are a global sports festival with the ultimate goal of achieving world peace and the harmonious development of humankind through sports. The product, its beautiful shape derived from Japanese history and accumulated experience, is a noteworthy presentation of Japan’s allure.
(Selection Committee / KOMIYAMA Yoh)